ここから本文です

Bリーグ開幕! 「バスケ新時代」成功のカギは選手の成長とプロ意識

webスポルティーバ 9/23(金) 20:00配信

「WOW(ワァオ)!」

 アリーナが興奮と感動のるつぼと化した。ついにバスケットボール男子の新しいプロリーグ『Bリーグ』が幕を開けた。9月22日午後6時50分。大河正明チェアマンがコート上で声を張り上げた。

【写真】B1各クラブの選手が一堂に会した「TIP OFFカンファレンス」

「バスケットボールで日本を元気にしたい。その思いを胸に大きな夢と高い志を持って、Bリーグは未来に挑戦していきます。ブレイク・ザ・ボーダー(境界を壊せ)。2016年9月22日、Bリーグの開会を宣言します」

 東京・国立代々木競技場には「9132人」の観客が押し掛けた。他競技と比べると、女性、若者が目立つ。豪華なオープニングセレモニーに酔いしれ、おそらく新たなリーグの船出に気持ちを高ぶらせただろう。

 記念すべき開幕カードは、昨季のNBLレギュラーシーズンの勝率1位だったアルバルク東京(A東京)と、昨季のbjリーグで最多4度目の優勝を果たした琉球ゴールデンキングス。メディアは「エリート軍団×雑草軍団」とはやしたてた。

 まばゆいばかりの光と、耳の奥に響く音が試合をショーアップする。床に敷かれた大きなLEDビジョンの上に映し出されたコートが晴れの舞台となった。何もかもが革新的。琉球の岸本隆一主将はこう、漏らした。

「何か、バスケットの別次元のステージに上がった感覚を、試合を通して感じていました。今までにない緊張感というか……。下手なプレーはできないって。僕はネガティブに考えないタイプですけど、今日は見られるという不安を特別に感じました」

 いわば新時代の担い手となる使命感である。その緊張ゆえか、両チームとも立ち上がり、シュートミス、パスミスが相次いだ。特に琉球。裏を返せば、A東京のディフェンスがよかったからだが、A東京が元NBAのギャレットやギレンウォーターのシュートなどでリードを広げていった

 世界で初めてのLEDビジョンが試合を盛り上げる。いいプレーの直後には、コートに「EXCELLENT(素晴らしい)」「GOOD DEFENSE(いい守り)」などの大きな文字が浮かび上がる。ゲームの流れに沿って、CGと音が効果的な演出をしているのだった。

 A東京有利の下馬評を裏切り、試合はもつれた。これぞ雑草魂か。琉球は第2クオーターに一時、逆転。第4クオーターの序盤には15点差をつけられたが、怒とうの反撃で、終盤3点差まで詰め寄った。

 琉球ファンの声援、指笛が選手の背を押した。この試合、両チーム最多の16点を挙げた30歳の喜多川修平はこう、言った。

「点差が離されそうなところをしっかり我慢して、相手に食らいついていった。雑草魂じゃないですけれど、踏まれても立ち上がるところを見せることはできたと思います」

 それでも、A東京にはエリート軍団のプライドと勝負強さがあった。第4クオーターの終盤、エースの田中大貴が左の外角から3点シュートを決めた。田中は涼しい顔で「オープンになって、シュートを打つチャンスがあったので思い切り打ちました」と述懐した。

1/3ページ

最終更新:9/23(金) 21:14

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。