ここから本文です

負傷離脱のメッシ、CL対戦相手の“フェアプレー“に感謝

フットボールチャンネル 9/23(金) 10:40配信

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦するボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)からのメッセージに対して感謝の思いを述べている。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 メッシは現地時間21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦で右足を負傷し、3週間の離脱を強いられる見通しとなった。リーガのスポルティング・ヒホン戦やセルタ戦のほか、28日に予定されるCLグループステージ第2節のボルシアMG戦も欠場することになる。

 ボルシアMGにとって、最大の脅威であるメッシの不在は本音としては歓迎すべきことかもしれない。だが同クラブはフェアプレー精神を見せ、「残念だ! 水曜日にはここボルシア・パークで、バルセロナとともに君の姿を見たかった。リオネル・メッシ、早期回復を!」とツイッターでメッセージを送っている。

 これに対し、メッシも感謝の言葉を返した。フェイスブックの自身のアカウントで、次のように投稿している。

「ボルシアMG、激励のメッセージをありがとう! 本当に素晴らしい行為だ。もちろん、思いを届けてくれた全ての人々に感謝したいと思う。今は、より強くなって戻るために少し休みが必要だ。全ての人々に抱擁を」

 メッシは今季バルサで公式戦8試合に出場し、8得点5アシストを記録している。バルサのエースがまたすぐにピッチ上に戻ってくることを、世界中のサッカーファンが願っているだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:9/23(金) 13:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。