ここから本文です

KinKi Kids、新シングル『道は手ずから夢の花』は安藤裕子書き下ろしのミディアムバラードに

リアルサウンド 9/23(金) 15:28配信

 KinKi Kidsが、11月2日に37thシングル『道は手ずから夢の花』をリリースすることを発表した。

 同シングルは、「KinKi Kids 20th Anniversary」としての第2弾シングル。表題曲「道は手ずから夢の花」は、シンガーソングライターの安藤裕子が書き下ろしたミディアムバラード。KinKi Kidsと安藤、同世代の30代が発信する“自分の人生をしっかりと楽しもう”という人生の道筋を夢の花に見立てた、エスニックと和のテイストが見事に調和した楽曲に仕上がっている。

 初回盤Bには「マフラー」、通常盤には「Pure Soul」「パズル」を収録。初回盤Aに付属するDVDには、「『道は手ずから夢の花』 - Music Clip & Making - 」を約15分間収録予定、初回盤BのDVDには、特典映像「-花と花-(仮) KinKi Kids が花の格好に扮し、雨、風に挑んだ感動リアクション芸」を約10分間収録予定だ。

 また、先着特典として各形態にクリアファイルが付属となる。現在、KinKi Kidsが行っている「KinKi Kids 20th Anniversary キャンペーン」についてはオフィシャル特設サイトにて確認することができる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/23(金) 15:28

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。