ここから本文です

ラニエリ、モウリーニョとの過去の衝突を意に介さず「赤ワインを出してほしい」

フットボールチャンネル 9/23(金) 11:30配信

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、現地時間24日に行われるプレミアリーグでの対戦を前に、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督との衝突は過去のことだと主張している。22日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えた。

【動画】レスター優勝の公約 パンツ一丁で番組に登場したリネカー氏

 モウリーニョ監督は過去に、ラニエリ監督の英語力や、タイトルを獲得していないことを批判したことがあった。だが今回は、昨シーズンのリーグタイトルを獲得したラニエリ監督がディフェンディングチャンピオンとしてオールド・トラフォードに乗り込む。

 いずれにしてもラニエリ監督は、敵将との衝突は「今ではなく、先史時代(大昔)のこと」だと主張。「今は素晴らしい関係だ。何も問題はない」と、確執を否定している。

 イングランドでは、ホームチームの監督が試合後にアウェイチームの監督を監督室に招き、ワインを飲みながら談笑する文化がある。ラニエリ監督は、モウリーニョ監督からの招きに喜んで応じたいと語った。

「彼は私に、美味しい赤ワインを提供すべきかもしれないね。赤ワインは大好きなんだ。出してもらえるなら一緒に飲みに行くよ」

 レスターとユナイテッドは今季リーグ開幕前のコミュニティ・シールドでもすでに対戦し、ユナイテッドが2-1の勝利を収めている。ラニエリ監督はモウリーニョ監督へのリベンジを果たすことができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/23(金) 11:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。