ここから本文です

清武が挑むセビージャでのポジション争い。新加入選手ひしめく中盤。新指揮官の野心【現地記者の目】

フットボールチャンネル 9/23(金) 11:40配信

 UEFAチャンピオンズリーグのユベントス戦、ベティスとのダービーマッチで出場機会を与えられなかった清武弘嗣。序盤の重要な二試合をベンチから見守ることとなった。日本代表のMFが新天地として選んだセビージャは、中盤に多くの選手を獲得しており、今後も激しいポジション争いが繰り広げられるだろう。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

指揮官は清武への関心を失っていない

 この夏にセビージャが清武弘嗣を補強したことには、驚いた者も多かったかもしれない。獲得が要請されたのはホルヘ・サンパオリ監督がやって来る前だったが、モンチSDの気まぐれだったわけではない。退任直前のエメリ前監督が後押しした補強だったとはいえ、彼の獲得はマーケティング目的の賭けではなく、サッカーの上での賭けだった。

 ハノーファーからセビージャへやって来た清武の冒険は順調な船出とはならず、練習3日目での負傷によりプレシーズンの最初の数週間を失うことを強いられた。それでもサンパオリは、彼が非常に興味深い何かを提供できる選手だと分かっている。”サッカーのできる選手”だ。

 スペイン・スーパーカップのバルサ戦で上々のプレーを見せ、リーガ開幕戦のエスパニョール戦でサポーターの信頼を得ることができた。監督も試合後の会見で日本代表MFが「信じられないような試合」をしたと認め、リーガは彼を開幕節のベストイレブンに選出した。

 チャンピオンズリーグ(CL)のユーベ戦とベティスとのダービーマッチという、セビージャにとってこのシーズン序盤戦で特に重要な2試合を欠場したが、サンパオリが彼への関心を失ったわけではない。様々な周辺事情によるものだ。

 CLでは、対戦相手の要求する試合のタイプにより外れることになった。中盤でのフィジカル重視のぶつかり合いだ。セビージャはその戦いで貴重な勝ち点1をもぎ取ることができた。

 ベティス戦では、多くのサポーターが清武をピッチ上で見たいと要求していた。“ムド”・バスケスは、能力に疑いの余地はないとはいえ、コンディションやスピードは清武に分がある。結局監督はサラビアを投入したが、これまでの試合のように采配的中とはならなかった。ラス・パルマス戦の清武の欠場は、代表戦の長旅後の疲労によるものだった。

1/2ページ

最終更新:9/23(金) 11:46

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。