ここから本文です

アルゼンチン代表監督、メッシ負傷でバルサに不満「こちらには注意しろと言ってくるが…」

フットボールチャンネル 9/23(金) 13:30配信

 アルゼンチン代表のエドガルド・バウサ監督は、バルセロナ所属の同国代表FWリオネル・メッシが負傷したことに関して、バルサに苦言を呈している。アルゼンチンのテレビに述べたコメントを、22日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』などが伝えた。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 メッシは現地時間21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦で右足を負傷し、3週間の離脱を強いられる見通しとなった。バルサのルイス・エンリケ監督は過密日程が負傷の一因であることを認め、「メッシをケアしたいが、この日程では難しい」と話していた。

 9月に行われたW杯南米予選の際には、メッシは負傷のため2連戦の2試合目に出場せずバルサに帰還。その後の12日間に行われたバルサの4試合全てに出場し、負傷することになった。バウサ監督はクラブの起用法に不満な様子だ。

「バルセロナの方からは、我々に対してメッシの状態に気をつけるようにというメッセージを送ってくる。だが彼らはあまりケアできていない。問題を抱えている彼を全ての試合に出場させるというのは、非常に不思議なことだと感じられる」

 3週間の離脱となれば、10月6日と11日に行われるW杯南米予選のペルー戦、パラグアイ戦に出場することも難しくなりそうだ。だがバウサ監督は「リオネルと話をして、バルサと代表のドクターと連絡を取り合った上で負傷の程度を確認したい」と述べ、メッシ出場への望みを捨ててはいない様子を見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/23(金) 13:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革