ここから本文です

今年のイグアインは当たり年? メッシを抜き現在欧州で4番目に得点率が高いFWに

フットボールチャンネル 9/23(金) 21:02配信

 ユベントスに所属するアルゼンチン代表ゴンサロ・イグアインにとって今年は当たり年かもしれない。23日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今夏にセリエA史上最高額となる9000万ユーロ(約102億円)でユベントスに加入したイグアイン。加入早々サポーターによって熱狂的に迎え入れられた同選手は、素晴らしい記録を出しながらすでに同チームの牽引者となっているようだ。

 イグアインは今年、昨季まで在籍していたナポリとユベントスで公式戦23試合に出場して24得点を決めた。つまり、同選手は1試合当たり平均1.043ゴールを決めていることになる。

 この結果イグアインは現在、22試合で27得点を決めたマンチェスター・ユナイテッドに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ、25試合で29得点を決めたバルセロナに所属するFWルイス・スアレス、そして21試合で22得点を決めたレアル・マドリーに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ4番目に1試合平均得点率が高い選手となった。

 一方、27試合で24得点を決めたバルセロナに所属する同郷のFWリオネル・メッシの1試合平均得点率は0.88ゴール。そしてバイエルン・ミュンヘンに所属するFWロベルト・レヴァンドフスキは、20試合で20得点を決めてイグアインに次ぐ5番目の選手となっている。

 今年はハイペースでゴールを量産している昨季のセリエA得点王イグアイン。ユベントスとしては、チャンピオンズリーグでゴールを量産することを期待しているかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/23(金) 21:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。