ここから本文です

『こち亀』秋本治、制作中の新作4作品は全て女性が主人公! ファンは「休まなくていいの!?」と驚愕

ダ・ヴィンチニュース 9/23(金) 6:30配信

 2016年9月17日(土)に発売された『週刊少年ジャンプ』42号で40年にわたる連載を終了した、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作者・秋本治が、新作を続々制作中という事が同誌で発表され、「秋本すごすぎ!」「早く読みてえーー!」と話題になっている。

 こち亀最終話が掲載された同誌では「みんなのこち亀」と題し、『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平や『トリコ』の島袋光年ら豪華連載陣による特別コラボ漫画が44号から掲載されることが発表されるなど、『こち亀』ファンにとっては嬉しい情報が満載。しかしなかでも読者が興奮したのが、秋本治による新作の予告だ。

 『こち亀』と言えば、麗子をはじめセクシーで魅力的な女性キャラが人気だが、今冬からジャンプ各紙に掲載されると発表された、秋本治の新作4作品の主人公はなんとすべて女性。「あの男くさい両津からの華麗な転身」「予告の時点でいい女感あるぞ」とファンも大興奮の各掲載予定作品をちょっぴり紹介しよう。

 まず『グランドジャンプ』に掲載されるのは、弱肉強食の荒野を舞台にしたバイオレンスガンアクション『BLACK TIGER』。涼し気な切れ長の目をした女ガンマンが主人公のようだ。

 『ウルトラジャンプ』に掲載予定なのが、銭湯を舞台に異邦の美女が大奮闘する『いいゆだね!』。こちらの主人公は褐色の肌をしたセクシーな美女。

 そして中でも話題を集めているのが、なんと女子高生を主人公にした京都の青春物語『京都女学院物語 ―finder―』だ。『週刊ヤングジャンプ』に掲載されるこの作品の予告には4人の女子高生の姿が描かれており、「意欲的すぎるだろ」「秋本はいろいろ詳しいから若者も描けるし楽しみだな」「青春ものか、人情系うまいしいいんじゃない!?」と期待が高まっている。

 さらに、『ジャンプSQ』には見た目は女、頭脳は男の凄腕スパイ繰巣陣(くりす・じん)が主人公のアクションコメディ『Mr.Clice』が掲載予定。この作品は『月刊少年ジャンプ』や『ジャンプSQ.』に不定期連載されていたシリーズで、単行本も5巻まで発売されている。秋本ファン待望の人気シリーズ復活に「ミスタークリス再開は嬉しいわ!」「これはきた。すばらしい」と喜びの声があがっている。

 さらに、2017年には『週刊少年ジャンプ』にも漫画が掲載予定と、「何故休まない!?」と読者も驚いてしまうほどに怒涛の活動を見せる秋本治。今後のジャンプ各紙での活躍からも目が離せない。

最終更新:9/23(金) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。