ここから本文です

『BILLY BAT』最終巻記念! 浦沢直樹全面プロデュース動画が深夜の渋谷駅前ビジョンをジャック!

ダ・ヴィンチニュース 9/23(金) 17:30配信

 2008年から2016年8月まで『モーニング』で連載された『BILLY BAT』のコミックス最終巻となる第20巻が、2016年9月23日(金)に発売された。そして今回、同巻の発売を記念して、作者の浦沢直樹自ら企画・演出・音楽を担当した映像作品も公開となる。

 映像制作は、映像企画のコンセプト原案から演出案、キャラクターの動きに至るまで全て浦沢が監修。さらにBGMに関しても作曲・演奏を手掛け、ギター、パーカッションなど全てを本人の演奏で収録している。

 映像は、あらゆる場所で撮影された同作のキーとなるコウモリのキャラクター「BILLY」が実際に壁面などに描かれ、この約600枚もの膨大な写真画像をつなぎあわせアニメーション化。いわゆる「パラパラ漫画」を映像化したものだ。神出鬼没なBILLYを映像化し、作中の内容を彷彿させるものとなっている映像は、60秒のショートムービー作品に仕上がっている。

 さらに9月23日(金)から25日(日)の3日間は、「渋谷ビジョンジャック」が敢行される。JR渋谷駅ハチ公口から出てすぐ、スクランブル交差点を囲むように設置される4つの大ビジョンで、各日の深夜24時~24時30分までの30分間にわたって映像作品を上映。異彩を放つBILLY BATの映像が深夜の渋谷で妖しく映し出される。

 また、この上映の模様を収録した映像は9月26日(月)より講談社モーニングの公式HPでも公開予定なので要チェックだ。

製作スタッフリスト
企画・演出・音楽:浦沢直樹
クリエイティブ・ディレクター:船木研
プロデューサー:駒木根千紗、森川俊
映像演出・編集:植木秀治
アニメーション:丹羽直樹
撮影:西川進也(ムービー/スチル)、対馬綾乃(スチル)
音楽収録:一宮伸聡
編集:内藤裕太
映像プロデューサー:尾嶋雄二
映像制作:青木大地、和田晋太郎、宮内裕樹

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:9/23(金) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。