ここから本文です

低調なルーニー、自身への批判を「ほとんどがゴミ」と強気に一蹴!

SOCCER DIGEST Web 9/23(金) 17:50配信

「身近な人の意見には耳を貸すけど…」(ルーニー)

 マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーが、クラブの公式サイトで周囲を取り巻く批判について強気にコメントした。
 
 ジョゼ・モウリーニョを新指揮官として招聘し、ズラタン・イブラヒモビッチやポール・ポグバといったビッグネームを加えた今シーズンのユナイテッドは、リーグ戦開幕3連勝と王座奪回に向けて快調なスタートを切った。
 
 しかしその後は、プレミアリーグ4節のマンチェスター・シティ戦で1-2と敗れると、9月15日のヨーロッパリーグでもフェイエノールトに0-1と苦杯をなめると、さらにプレミアリーグ5節では格下のワトフォードに1-3と大敗。公式戦3連敗を喫したのだ。
 
 ユナイテッドには一気に批判の声が挙がり、とりわけここまで1ゴールに留まっているキャプテンのルーニーに対しては、「ベンチに落とすべきだ」という指摘が少なくない。
 
 そんな懐疑的な声にルーニーは「それがフットボールというものだと思う。チームは3連敗して、それで皆が話題にするようになった。悪い1週間を経験してしまった。良くない8日間だった」とコメントし、真摯に受け止めた。
 
 一方、自身のパフォーマンスへの指摘には「キャリアを通じて批判されているからね。最近は多いと思うけれど、これもフットボールさ。僕はコーチやチームメイト、身近な人の意見には耳を貸すけど、それ以外の人の意見は聞かない。大抵がゴミみたいな意見だからね」と強気なコメントをしている。
 
 9月24日のレスター戦(プレミアリーグ6節)に向けては「ハードにトレーニングして、チームのためにベスト尽くす」と意気込んだルーニー。昨シーズンの王者との対戦で自身に向けられたネガティブな声を一掃するような活躍ができるか、注目だ。
 

『ワールドサッカーダイジェスト』の「エアインタビュー報道」は事実無根です

最終更新:9/23(金) 18:51

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。