ここから本文です

マリリン・マンソンが語る「俺が大統領選に投票しないわけ」

ローリングストーン日本版 9/23(金) 17:00配信

「どちらの候補者も好きになれないから、今回は見送ることにした」とマリリン・マンソンは語る。



マリリン・マンソンは2012年の大統領選ではバラク・オバマに投票したが、今年の11月には投票所に行かない意向を示している。「どちらの候補者も好きになれないんだ。だから今回は見送ることにした」と彼はローリングストーン誌に語っている。「これは卑怯者の態度だとは思わない。そう言うやつもたくさんいるだろうけど、ただ歴史のこの部分に関わりたくないだけだ。前回は投票者として歴史の一部に心から関わりたいと思った」。

候補者たち、特に候補者の片方について聞くと、重要なのは時代背景だと彼は言う。「トランプについてどう考えているかってことだけど、難しいよね。だって、過去の年寄りの大統領たちを振り返ってみても、彼らがどんな人生を送ってきたか分かるほど自分たちは年取っちゃいなかったし、メディア漬けの、インターネットでさまざまな意見が渦巻くような時代に生きていたわけでもない。だけど、世界はあるべき姿よりも少しだけ混沌としているように見えるよ」とマンソンは語る。「とは言え、シンプルに考えればそれほど難しいことじゃない。突き詰めれば、この2つさ。どちらがよりカリスマ性があるか、そして彼らが誰に対してアピールしているかだ。どちらも俺にはアピールしないね」。

マンソンは、米ドラマ『Salem』の最新シーズンに出演する予定で、2月にかなり暴力的なアルバム『SAY10』をリリースすることも発表しているが、彼は長い間アメリカの選挙プロセスについて失望を露わにしてきた。ジョージ・W・ブッシュが当選した2000年、マンソンはインタビューでこう述べている。「俺は投票しない。なぜなら、以前はともかく、それがもはや合理的なシステムではないと考えるからだ。だから俺は、政治に対する自分の信念を、音楽に注ぎ込もうとしているわけさ。そのほうが、未来を担う若者たちに伝わると思う」。

2004年、ブッシュが当時上院議員だったジョン・ケリーと選挙戦で闘ったときも、マンソンは同様の意見を述べている。「俺の一票が、変化を生み出すかどうかなんて考えても仕方がない。どちらの人物にも興味がないということが問題なんだ」。しかし、当時上院議員だったバラク・オバマが候補に立つと、マンソンのトーンは変化する。マンソンは2009年、タイム誌に大統領選挙にはもちろん投票したと語り、大統領選挙に投票したのはそれが初めてだったことを明らかにした。2012年には、マンソンはタイムアウト・シカゴ誌に対し、オバマには投票したが、二大政党制が正しいとは信じていないとし、この国の政治はすべて、オズの魔法使いのカーテンの後ろで行われるんだと述べている。

Translation by Kise Imai

Kory Grow

最終更新:9/23(金) 17:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他