ここから本文です

エルトン・ジョン、大絶賛するクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと共演

ローリングストーン日本版 9/23(金) 13:00配信

ロンドンで開催中のアップル・ミュージック・フェスティバルで、若手シンガー・ソングライターのクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズは、『Titled』でもエルトン・ジョンと共演を果たした。

【動画あり】エルトン・ジョン、大絶賛するクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと共演

9月18日の夜、エルトン・ジョンがロンドンで開催中のアップル・ミュージック・フェスティバルで、代表曲『可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)/Tiny Dancer』をクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと共に披露した。フランス発の新人シンガー・ソングライターがハーモニーを加えた同パフォーマンスの様子は、Apple Musicでストリーミング配信されている。クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズはまた、UKチャートで20位を獲得した『Tilted』をエルトン・ジョンと共に披露した。

「去年の9月からクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズと一緒にやってきてるんだけど、やっとイングランドで人気が出たね」とエルトンは、フェスティバルの前にApple MusicのBeats 1で話していた。「春にラウンドハウスで彼女を見たんだけど、素晴らしかった...彼女のライヴを見たら、心を奪われちゃうよ」

他の若手アーティストらも、ロックのアイコンとそれぞれ2曲ずつ共演を果たした。ガラントは、『Weight in Gold』と『ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高)/Bennie and the Jets』を、ロジー・ロウは『Woman』と『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』を、パーカー・ミルサップは『The Very Last Day』と『僕の瞳に小さな太陽/Don’t Let the Sun Go Down on Me』をエルトンと共に披露した。

Beats 1のインタヴューで、エルントンは最も面白かった過去のコラボレーターにレナード・コーエンを挙げていた。「レイ・チャールズの『ボーン・トゥ・ルーズ』って曲を一緒にやってて、こんな感じで彼と向かい合って座ってたか、立ってたんだ。そしたら彼が、曲の最初をbooooorrrnnn to loseって歌ってさ。まるで船が出港するみたいだった。僕は大笑いしちゃってね。"嘘でしょ。こんな低音、今まで聴いたことがない"ってね。本当に、ただただ素晴らしかったんだ」

そんなエルトンは、通算32枚目となるスタジオ・アルバム『ワンダフル・クレイジー・ナイト』を2月にリリースしている。

Translation by Miori Aien

Ryan Reed

最終更新:9/23(金) 13:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。