ここから本文です

日本への「留学生30万人計画」が招く深刻な“質”の低下

ダイヤモンド・オンライン 9月23日(金)6時0分配信

 外国人留学生が増えている。独立行政法人日本学生支援機構によれば、2015年度の外国人留学生は20万8379人となり、20万人の大台を突破したという(参考「外国人留学生数の推移」)。日本の大学生と専門学校の在学生はざっと350万人だとすると、約17人に1人が留学生となる計算だ。

 年々増え続ける留学生だが、その背景には、2008年に日本政府がぶち上げた「留学生30万人計画」がある。政府は「高度人材受け入れとも連携させながら、優秀な留学生を戦略的に獲得していく」として、日本のグローバル化戦略に優秀な留学生を組み込む一方、将来的に進行する人口減少を留学生の日本への定住とともに補う算段だ。

 すでに人口減少は大学経営を直撃している。巷で「名前さえ書けば合格を出す大学すらある」とささやかれるように、少子化に伴う大学の定員割れで「大学全入時代」を迎える今、多くの大学がAO入試を積極的に取り入れたり、推薦入試枠を拡大するなど、入試選抜のハードルは下がる一方だ。

 文部科学省によれば、日本には国立大学86校、公立大学86校、私立大学603校の合計775校がある(2015年4月1日現在)というが、今夏、読売新聞が「44%の私大が定員割れ」を報じ、衝撃を与えた。供給が需要を上回る市場では、埋まらない定員を補う存在として、「外国人留学生」の取り込みに躍起なのだ。

● 観光PRと化す 学校案内パンフレット

 留学生向けの入試を目前に控えたこの時期、東京都心部の日本語学校では職員がある作業に追われていた。毎日のように全国各地の大学から送られてくる学校案内パンフレットの開封作業だ。パンフレット発送は日本語学校に留学している外国人に向けた「卒業後はうちの大学に」という“売り込み合戦”の一端である。

 作業に追われる職員が、地方のある大学のパンフレットを開封し、こうつぶやいた。

 「学校案内のパンフレットなのに、なぜかご当地の観光地や名物の写真、ゆるキャラまで掲載する大学も。『ぜひ来てください』って、これじゃまるで観光案内か旅行会社のパンフレットですよ」

 都市部に集中しがちな留学生を、いかに地方の大学に振り向けるか――。これが地方の大学の大きな課題だが、そこにはアカデミックなアプローチではなく、なぜか「ご当地宣伝」に走る大学も。留学生獲得に必死のあまり、「学問ありき」の本分をすっかり忘れてしまった大学も少なくないようだ。

● 講師の仕事は モーニングコール

 日本の大学に留学を希望する外国人は、一定水準の日本語能力が要求される。学部入学には日本語検定1級レベルが望ましいとされ、それを満たさない学生は大学留学の前段階として、日本語学校での学習が必須となる。その日本語学校でこんな光景がよく見られるようになった。

 「今日はどうしたの? まだ家にいるの? 9時から授業だよ」――日本語講師が学生に“モーニングコール”をする姿だ。講師自らがモーニングコールをしなければ、学生は登校しない。

 講師が焦って電話するのも、「出席日数8割」を維持させるためだ。これを割り込めば、もはや大学受験資格はない。全国でも屈指の規模を誇る日本語学校で働くベテラン職員の田中薫さん(仮名)は明かす。

 「講師が一所懸命に電話しても、それでも学生はなかなか出てきません。学生の日本語学習に対するモチベーションは決して高いとは言い難いですね」

 その結果、学生の進路も上位校からは遠ざかり、専門学校もしくは定員割れ大学や地方の大学という選択が現実味を帯びるのだ。意欲の低さは「どの日本語学校にも共通する悩みです」(田中さん)だという。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)6時0分

ダイヤモンド・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国
違いが分かる食の帝国を徹底解明!
特集2 2017年新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]