ここから本文です

AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著) - 湯川鶴章 湯川鶴章のテクノロジーフィクション

ニューズウィーク日本版 9/23(金) 17:15配信

<給料は安くても打ち込んでしまうぐらい好きな仕事なら、効率重視のAIには狙われない。その意味では必ずしも悪くない時代。あとの問題は、どうやって生計を立てるか。ここに2冊のバイブルがある>

 AIとロボットが人間から急速に仕事を奪っていく時代が、もうそこまで来ている。社会の歯車のような仕事から順にAIに取って代わられ、最後に残るのが「好きを極めた仕事」になると言われている。では自分の好きな仕事で、十分な所得を得るのにはどうすればいいのだろうか。コーチングの第一人者、榎本英剛氏の書いた「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」という本に、その問いに対する明確な答えが書いてあった。2014年出版と少し前の本だが、これからの時代にこそ多くの人に必要となる考え方が書かれている名著だと思う。

【参考記事】AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

 社会の歯車的な仕事がAIとロボットによって取って代わられるのはいいとして、どうして最後まで残る仕事が「好きを極めた仕事」になるのかを説明したい。

AIは高収入の仕事から置き換える

 AIもそうだし、AIを駆使する投資家も、合理的に判断する。費やすコストに対するリターンが多く見込まれる業種から順にAIとロボットを投入してくる。医者や弁護士、会計士などの士業が真っ先にAIに狙われると言われるのは、彼らが高収入だからだ。

 ところが「好き」を仕事にする人は、儲けが少なくても努力を厭わない。AIや投資家にとって、儲からない仕事に労力をかけることは非合理的であり、こうした仕事の領域にはなかなか参入しようとはしない。なので「好きを極めた仕事」が、最後まで残る可能性が高いと考えられている。

【参考記事】MITメディアラボ所長 伊藤穰一が考える「社会参加型人工知能 」

 ただ今のところ、この「儲からない」ということが「好きな仕事」の困ったところ。AIとロボットが普及することで物やサービスの値段が下がってくれば、儲けが少なくてもやっていける時代にいずれなるのだろうが、その時代への移行期である今後20年ほどは、どうやって好きな仕事で生計を立てていけばいいのだろうか。そもそも生計を立てられるような好きな仕事が何であるかさえ分からない。今、多くの人がそう悩んでいるし、これからより多くの人がそういう悩みを持ち始めるのだと思う。



 ときどき「何をしたいのか分からない」と言う若者に出会う。小さい頃から「ゲームばかりしちゃダメ」「テレビばかり見ちゃダメ」などと怒られ、自分の「好き」を我慢し続けた世代だ。その結果「何が好きなのか分からない」ほどに、自分の心のアンテナが鈍ってしまっているのではないかと思う。心のアンテナが鈍っているので、本当は好きでもないものを、好きだと頭で思い込んでいるケースもある。

まずは日常の中で自分の心のちょっとした動きに注意を向け、自分の心は本当は何が好きで、何が嫌いなのかを再認識していくという作業が必要なのかもしれない。あとは、できるだけ多くの場所にでかけ、できるだけ多くの人に会い、できるだけ多くのことを経験して、自分の心のアンテナがどちらの方向を向くのか見定める必要がある。それを続けていくうちに、心のアンテナが研ぎ澄まされていくのではないかと思う。引きこもって、頭であれこれ考えているだけでは、心のアンテナは研ぎ澄まされない。

「好きな仕事」で生計を立てるには

 一方で好きなことが何なのかは分かっているが、どうやってそれで生計を立てればいいのか分からない、という質問を受けることがある。答えは、別の仕事で生計を立てながら、好きなことをやり続けるしかない、ということだ。諦めずに試行錯誤を続け、心を明るく持って、多くの人とつながるようにしていれば、だれかがチャンスを運んできてくれるかもしれない。チャンスは人が運んできてくれることが多いからだ。

 ただ時代は明らかにそうした人たちの味方だ。これからAIとロボットのおかげで生活コストが低下する傾向にある。いろいろなテクノロジーが、起業を手助けしてくれるようにもなるだろう。諦めずに続けていれば、いずれ「好きな仕事」で生計を立てられるようになるのだと思う。そのときまで「好き」を諦めないことが、今一番大事なことなのだろう。

 こうした僕の主張に近い話が「本当の仕事」の中に、より詳しく、より明確に解説されている。僕の主張とは比較にならないほど、完璧な主張だと思う。名著といえば学者先生の難解な文章が多いが、この本は非常に読みやすい文体で書かれているものの名著であることに違いはないと思う。

【関連記事】AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】

 これから起こる未曾有の大変化に向けて指針となる本を推薦しろと言われれば、僕は迷うことなく井上 智洋氏の「人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊」と、榎本 英剛氏のこの本「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方・働き方」の2冊を推薦したいと思う。井上氏の本は、「社会制度をどうすべきか」というマクロの視点、榎本氏の本は「個人はどう生きるべきか」というミクロの視点を提供してくれる。この2冊は、雇用大崩壊時代に向けてのバイブル的な本になると思う。

2歩先の未来を創る少人数制勉強会TheWave湯川塾主宰
有料オンラインサロン

湯川鶴章

最終更新:9/24(土) 7:29

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。