ここから本文です

女子ゴルフ・鈴木愛、勝利の秘訣は“早起きしない”?

デイリー新潮 9/23(金) 14:00配信

 年に4試合ある国内ゴルフツアーのメジャー大会。それがなんとここ2年間、外国人の優勝が続いていた。その“あわや8連敗”を阻止したのは、くしくも2年前の“最後の日本人優勝者”、鈴木愛(22)だった。

 北海道の登別CCで行われた今季メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。この大会の一昨年度覇者である鈴木は、前々週の「ニトリレディス」、前週の「ゴルフ5レディス」とも、最終日首位発進ながら逆転負けを喫していた。

「いずれもショットは上々でしたが、勝負どころでパットを外しまくってました」

 とツアー記者が語る。ただ、念のため申し添えると、彼女はパット部門ランキング1位。本来は巧いのだ。

 今大会最終日、鈴木は首位から5打差の4オーバー10位でスタートした。

「フェアウェイを極力狭め、ラフを伸ばしに伸ばしたタフなセッティングで、上位陣がスコアを崩すなか、鈴木は69で回って、逆転優勝を飾りました」

 最終日アンダーパーはたった6人。鈴木の4日間合計つまり優勝スコアは1オーバーだった。いかに難コースだったかが窺えよう。

「鈴木はこれが通算3勝目ですが、うち2勝がメジャー。ショットの正確性が持ち味なので、厳しいセッティングのメジャーが自ずと好成績になるのでしょう」

 もっとも、メジャーに勝つ秘訣を問われた鈴木は、

「早起きが苦手なので。3日目以降も頑張れば遅いスタートになるので、遅いスタートになるために頑張れるのが秘訣です」

 たしかに、参加選手が多いメジャーは遅い組が通常より増えるが、その差は僅かだし、前日の上位者が遅い組になるのは、通常の3日間大会とて同じこと。だいたい、プロゴルファーのくせに朝が苦手って……。

 ま、多分に勘違いではあるのだが、勝ちは勝ち、だ。9月末からの日本女子オープンも頼むよ、愛ちゃん。

「週刊新潮」2016年9月22日菊咲月増大号 掲載

新潮社

最終更新:9/23(金) 14:00

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。