ここから本文です

あの人気者の意外な今…驚きの転身を遂げた芸能人ランキング!

女子SPA! 9/23(金) 9:10配信

 浮き沈みの激しい芸能界。「そういえば最近あの人テレビで見ないよね?」なんてことは日常茶飯事です。懸命に第一線復帰に向けて頑張ってる人ももちろんいますが、実はサクッと別の職種に転身した芸能人もたくさんいるんです!

 というわけで、女子SPA!編集部が、独自に転身芸能人たちをリサーチ。その中で、“最も驚いたのは誰か”をランキングにしてみました。華麗なる転身に驚いてください!

======

芸能人の転身で驚くものを以下から選んでください。(何人でも)*カッコ内は転身した職業です。また、基本的に皆さん芸能活動を続行されています。

※30代男女200人に聞きました。(複数回答)

9位 押尾学(正体不明のネットビジネス?) 10.5%

9位 ヒロシ(飲食店経営) 10.5%

8位 窪塚洋介(レゲエDJ) 12.5%

7位 エドはるみ(慶應学生) 13.0%

6位 おさる(書道家) 15.5%

5位 城崎仁(フードアドバイザー) 16.0%

4位 一色紗英(デザイナー) 18.0%

======

 出所後の押尾学は、芸能界には戻らず、現在はネットビジネスを展開しているらしく「押尾学はどうやってワンクリックで月300万円を稼いだのか!?」といったコピーが踊る情報商材のサイトで動画公開しています。と思いきや、今年に入り、自身が率いていたバンド「LIV」のライブに出演。そのうち電撃復活もあるかも…?

 芸名をモンキッキーにしたり戻したりと、何かと話題を提供していたおさるは、書道家に転身。書いてる字はすごいんですけど、書家ネームの『宇都鬼』が読めなくてモヤっとしました。これで『ういっきー』と読むらしいですよ。

 一色紗英もドラマで見ないと思ったら、いつの間にかデザイナーになっていたんですね~。今はLA在住だそう。

 さて、気になる上位3名は誰なのか!?

◆3位 ねづっち(ユーチューバ―) 23.5%

 Wコロン解散後、ピン芸人として活動していたねづっち。活動場所をYouTubeに変えて、得意の謎掛けを披露する動画をアップしています。ところが、最近バラエティ番組で「ユーチューバーとしての利益は年間1800円」と衝撃のカミングアウト。舞台に戻ったほうがいいんじゃないですかね!?

◆2位 水嶋ヒロ(小説家⇒事実上の“主夫”?) 26.0%

 俳優として全盛期だった頃に出版した小説『KAGEROU』が、大ヒットし、サクッと小説家に転身……したかと思いきや、以降新作は発表されず。俳優として本格復帰するでもなく、映画のプロデュースをやったり、CMにチラッと出演したり。

 現在は仕事をする妻・絢香を主夫としてサポートしつつ、実業家になったとかなってないとか。イケメンで才能がありすぎると、何やっていいのかわからなくなるんでしょうか。

◆1位 保坂尚希(通販コンサル) 26.5%

 高岡早紀との離婚、その後突然出家したりと、なんとなく大変そうなイメージのあった保阪尚希。なんと現在は、通販コンサルタントとして大成功してるみたいです。

 消費者が何を求めているかを通販会社にアドバイスするというコンサル業のほか、オリジナルブランドを立ち上げ商品開発にも力を入れてるそう。保坂プロデュースの調理器具は1日に1億7000万円も売り上げたって、すごすぎますね。

 テレビで見かけなくなった皆さん、色んなことをされてるみたいです。とはいえ、芸能界の第一線で活躍した人なら、どんな業界行っても輝けそうな気がします。転身した皆さん今後の活躍に期待しましょう!

【調査概要】

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~39歳男女)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2016年8月30日~8月30日

有効回答者数:30代男女200名

<TEXT/北条マサ子(清談社)>

女子SPA!

最終更新:9/23(金) 12:26

女子SPA!