ここから本文です

「ハマム浴」がじわじわ流行中!岩盤浴、溶岩浴とも違うその魅力を体験

女子SPA! 9月23日(金)9時10分配信

 岩盤浴、溶岩浴に続くと言われているモロッコ発の「ハマム浴」が、巷でじわじわと流行中という情報をキャッチ。最近、温める美容にハマっていてソックス4枚重ねばき実行中のライター・スナイパー小林が、RELAXATION SALON JANNA(リラクゼーションジャンナ)でハマム浴を体験してきました。

⇒【写真】ハマム浴のサロンの様子

◆スチームベッドで今年最大の汗を放出

 ハマム浴はイスラムに古くから伝わる蒸し風呂のこと。現地人は湯船に浸かる習慣がなく、この蒸し風呂で汗を流すことを健康法にしているのだそう。ハマムがアラビア語で「熱い熱気」「湯の伴される場所」という意味とは納得。

 まずは店内で希望や体調など諸々のカウンセリングから。私の希望は……ダイエット、肩こり、目の疲れ、ストレス……とアンケートに書ききれないほど疲労困憊状態(泣)。

 専用のウエアに着替えてまずはハマム浴へ。ダウンライトの落ち着いた室内で木の葉型のベッドに横たわり、全身に一定の適度な温度でハーブスチームを浴びます。全身とはいっても顔が出ているので、あの岩盤浴特有の息苦しさはゼロ。体がじんわり温まってきて自分が汗をかいているのがわかります。

「普段の生活でかいている汗と、こうやって手を加えたり運動でかく皮脂発汗は別物です。ハマム浴は心地よく発汗していただいて、温まって、デトックスや血行促進につなげていきます」(RELAXATION SALON JANNA 統括マネジャー森海香さん)

 30分ほど経過してベッドを出ると、ウエアは汗で大変なことに……試してみたらウエアから汗が絞れました。でもすっごいスッキリ! なんだろう、この達成感!!

◆アルガンオイルマッサージでさらに至福

 汗ばんだ体を拭いたあとは「アルガンオイルマッサージ」へ。モロッコで採れるアルガンの実から採取するオイルは、ビタミンEやポリフェノールの豊富さから今注目を集めています。これをハマム浴で温まった吸収しやすい体へ、マッサージで浸透させていくのです。

「アルガンオイルは本当に万能なんですよ。全身どこでも使えますし、ベタつきも少ない。フェイシャルマッサージだとかなり顔が引きあがりますから、ウェデイングで受けられる方もいらっしゃいます」(前出・森海さん)

 今回体験したのは「モロカンスパコース(ハマム浴30分、アルガントリートメント60分¥11,000)」で上半身を中心にオイルマッサージを受けました。

 この効果をジワジワ実感し始めたのが、その夜から。

 体が温まっているのでお風呂に入るとまた汗が出てくるのです。さらに翌朝、オイルを浸透させた上半身を確認すると肌ツヤが確実にアップ。いろいろデトックスできたおかげか、体が軽いんですよね。

 これはいい! ハイ、継続決定!

 体を温めることは美容に良いことはもちろん、万病も治す健康法。体が疲れたと思ったら「ハマム浴」、おすすめです。

<TEXT/スナイパー小林 PHOTO/RELAXATION SALON JANNA>

【スナイパー小林 プロフィール】

ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k

女子SPA!

最終更新:9月23日(金)9時10分

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]