ここから本文です

ビジネスホテル 「ワンランク上」のハイクラス型へ進化中

NEWS ポストセブン 9/24(土) 7:00配信

 ビジネスホテルとは宿泊に主体をおいた宿泊施設を指す。よく「○○イン」というネーミングのビジネスホテルを見かけるが、ビジネスホテルとは日本ならではの呼称で海外では「イン」と称されることがある。

 一方、「シティホテル」と言われてきた施設は、宿泊機能のほかにも料飲施設やスパ施設、ショッピングアーケードなどパブリックな機能なども有する本来の「ホテル」ともいえる。

 だが、近年このカテゴライズがクロスオーバーしつつある。機能的で清潔感も高いビジネスホテルは人気沸騰であるが、本来の特色であった「ローコスト」なタイプから、シティホテルを彷彿とさせる付加価値を打ち出す「ハイクラスタイプ」に注目が集まっている。伝統的なシティホテルが人気の宿泊主体型へ“鞍替え”するケースすら見られる。

 ハイクラスタイプの代表格が「リッチモンドホテルズ」。客室面積はローコストタイプが10~12平方メートルといった中、18平方メートル~が基本。ベッドからデスク、浴室やアメニティまでハイクラスが実感できるチェーンだ。

 また、天然温泉大浴場や露天風呂、サウナなど温浴設備が人気の「ドーミーイン」チェーンは、夜食の夜鳴き蕎麦を無料提供するなど付帯サービスが魅力で客室のクオリティも高い。

 一方、ローコストタイプの代表格が全国最大規模の「東横イン」だ。昨年来、ホテル需要の高まりによる料金高騰が話題となっているが、過度なレベニュー(料金変動)が見られるチェーンが増える中で、変動を最小限に抑え顧客から絶大な支持を受けたチェーンだ。

 朝食やミネラルウォーターの無料提供や、市価より安い自動販売機なども人気のひとつ。客室も贅沢な設えではないが機能性が高く、全国いずれも同一のクオリティという安心感も高い。

 ここにきてローコストタイプというイメージだったチェーンが、ハイクラスタイプを展開する動きが活発だ。

 たとえば「ホテルルートイン」。ロードサイドへの出店が主体のチェーンというイメージだったが、都市部・駅近への出店も加速し、最近では「ホテルルートイングランド」ブランドでワンランク上の施設を展開している。客室や設備、インテリアなどへの気遣いが光る。

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。