ここから本文です

『サヨナラ』ヒットのGAO 今でも男性に間違われると明かす

NEWS ポストセブン 9/24(土) 7:00配信

 年齢・性別不詳、独特のハスキーボイスで鮮烈なデビューを果たし1990年代、『サヨナラ』で120万枚を超えるヒットを記録した女性シンガーのGAO。『サヨナラ』の秘話や、意外なプライベートの素顔についても迫った。

――1991年、年齢・性別不詳でデビューされたのが印象的でした。

GAO:バンドの勝ち抜きコンテストでデビューしたんですけど、そこで出会ったレコード会社のディレクターが、「男か女かわからない、何才かわからない」ボーカリストを探していたんです。そこで「性別も年齢も不詳にしたらどうでしょう」と私から提案したんです。

 元々音楽は、年齢とか性別を知って聞くものではないと思っています。どんな人が聞いても、自分のことだと受け止めることが多いと思うんです。私もそういう音楽の聞き方をしてきましたし、この年齢の人が歌っているから、この年齢の人が聞かなきゃいけない、という先入観を持たずに聞いてほしいと思っています。

――それが、今でも生年月日を明かしていない理由?

GAO:そうですね。音楽に年齢は関係ないと思います。たとえば、13才の頃に作ったメロディーを元に作った曲を、Twitterにアップしています。13才の時に感じた詩に、今メロディーをつけたらこんな感じだろう、続きをつけたらこんな感じだろうというのが新鮮だったんです。何十年も前の自分とコラボレーションをしたような経験をしました。

――年齢は今でも明かされていませんが、女性だというのは公になりました。

GAO:デビューした後にショップに行くと、あまりにも男性ボーカリストの棚にCDが並んでいるので、「女性ボーカルの棚に置いて下さい」と言って回りましたから(笑い)。

――今でも男性と間違われる?

GAO:そうですね。公衆のトイレですれ違うと、振り返られることがあります。昔は、「なに、あなた!」ってトイレの清掃員のかたに囲まれたことがありますよ(苦笑)。20代の頃、デビュー前に銭湯に行っていたのですが、「こっちは女風呂です」と何回も言われました。髪がベリーショートだったせいもあるんでしょうね(笑い)。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 7:00

NEWS ポストセブン