ここから本文です

「自分よりデキる転職者」嫉妬しちゃうポイントは?

R25 9/24(土) 7:00配信

9~10月は、転職者の増加や人員の配置転換などで人の異動が活発になる時期。下期から人手が増えることになり、安堵している人もいるだろう。しかし一方で、気になるのはその人の性格や仕事ぶり。「自分よりデキるヤツだったら…」と気にかかることも多い。そこで、20~30代の独身会社員男性200人に、「人事異動や転職で入ってきたら、焦りや嫉妬を覚える男性の特徴」について、アンケートで調査を行った。

●人事異動や転職で入ってきたら、焦りや嫉妬を覚える男性の特徴TOP10
(全12項目から上位3位まで選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 上司の機嫌を取るのがうまい 206pt
2位 笑いが取れる 146pt
3位 愛想がいい 128pt
4位 上司にも忌憚なく意見を言える 120pt
5位 会議の進行がうまい 109pt
6位 顔がかっこいい 108pt
7位 クライアントとすぐ打ち解ける 90pt
8位 パワーポイントなどの資料作りがうまい 79pt
9位 会議で自分の意見を積極的に言える 73pt
10位 残業を苦にしない 43pt

※番外
11位 服装がオシャレ 39pt
12位 お酒に強く、飲み会に積極的 30pt

1位は「上司の機嫌を取るのがうまい」人。上司との関係は、昇進・昇給の評価につながる面もあるだけに、早々に関係を築ける人には焦りを覚えるようだ。また、2位「笑いが取れる」、3位「愛想がいい」と、人間関係を円滑に進める人の特徴が上位にランクイン。では、なぜ焦りや嫉妬を覚えるのか、それぞれの項目に対するコメントを見てみよう。

【1位 上司の機嫌を取るのがうまい 206pt】
「早く昇進しそうで」(30歳)
「自分より後から入ってきて上司と仲良くされるとやりづらい気がするから」(35歳)
「自分より優れた人間関係を築かれると焦る」(38歳)

【2位 笑いが取れる 146pt】
「みんなの人気者で上司の評価が高そうだから」(30歳)
「人気者に嫉妬してしまう」(33歳)
「異性からも好かれそう」(36歳)

【3位 愛想がいい 128pt】
「愛想がいい奴は怪しい」(26歳)
「上の人に気に入られそうだから」(28歳)

【4位 上司にも忌憚なく意見を言える 120pt】
「自分にないものを持っているから」(32歳)
「天下を取られそう」(38歳)

【5位 会議の進行がうまい 109pt】
「しっかりと仕事できるところを上司に見せると評価されるのが世の中だから」(26歳)
「できる人という感じがうらやましいから」(34歳)

【6位 顔がかっこいい 108pt】
「人間は第一印象が大きいので、得をしている」(27歳)
「顔がかっこよければ大体のことは許される」(34歳)

【7位 クライアントとすぐ打ち解ける 90pt】
「顧客とすぐに仲良くなるのはひとつの技術でもあると思うから」(32歳)
「自分の役目を奪われるような感覚に陥るので」(39歳)

【8位 パワーポイントなどの資料作りがうまい 79pt】
「自分よりできると立場がなくなる」(39歳)

【9位 会議で自分の意見を積極的に言える 73pt】
「会議で素直に言えるという事は自分の考えをしっかり持っていて仕事が出来るから」(25歳)

【10位 残業を苦にしない 43pt】
「自分もやらなきゃいけないと思うから」(31歳)

各項目に共通したのが、「昇進」と「自分の立場」を懸念する声。また、「コミュニケーション能力の高さ」や「段取りの良さ」が多く挙げられているのは、多くの人が苦手意識を感じていることの裏返しともいえるだろう。

人事異動の時期を迎えて、不安を感じている人もいるだろうが、新人が入った後は、良きにつけ悪しきにつけ、いろいろな人の仕事ぶりに目がいくもの。逆にあなたの仕事ぶりを上司にアピールするチャンスかも。

(吉田良雄)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/24(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。