ここから本文です

住宅ローン、交渉の電話1本で新車1台分削減

NIKKEI STYLE 9/24(土) 7:00配信

 日銀のマイナス金利政策導入から半年。住宅ローンは空前の低金利で、銀行は優良顧客を取り込もうと競っています。すでに低金利といわれていた3年前に借り入れた住宅ローンの見直しに勝機はあるのか、一番低い金利で借りるにはどうすればよいのか――。今回は実際に借り換えを検討し、銀行に足を運び、最終的に大きな節約に成功した会社員Aさん(40)の話を詳しく聞くことができましたので、彼の奮闘ぶりを紹介します。
 都内で3年前に住宅を購入した会社員のAさんは、購入費用のほぼ全額を住宅ローンで賄った。当時も銀行の金利引き下げ競争は激しく、「10年固定型で金利1.15%で借りたローンを毎月コツコツ返済しています」と語る。1.15%なのでかなりお得に借りることができたと安心してはいたが、各行が住宅ローンの8月適用金利を過去最低水準に引き下げたことをきっかけに、見直しに着手した。

■銀行のサイトで試算

 最初にしたのは「借り換えでどのくらいお得になるのかの試算」(Aさん)だ。試算というと銀行の窓口に出向いて行員と対面で相談というイメージがあるが、最近はインターネットで簡単にできる。各行のサイトに用意されており、メガバンクでは新規借り入れと借り換えで別のツールが用意されていることが多い。Aさんは、大手行で最も低い金利を提示していた三井住友信託銀行のサイトで試算した。同行では事務手数料や保証料、抵当権設定費用など、借り換えに必要な諸費用の概算や将来の繰り上げ返済予定まで細かく条件指定できる。住宅ローンを2本借りている人にも対応している。
 借り換えに際しては一般に「ローン残高1000万円以上で金利差1%以上」ならメリットが出るといわれている。借り換えには抵当権設定の手続きなどで数十万円の諸費用がかかるため、その分を差し引いてプラスにならなければ意味がないからだ。
 8月適用の住宅ローン金利は、例えば10年固定型で三菱東京UFJ銀行が0.5%、三井住友信託銀行が0.35%。Aさんがこの0.35%で試算したところ、借り換えにかかる諸費用を差し引いても「国産乗用車の新車1台分程度」の金額が削減できることが分かった。
 現在の借入金利との差は0.8%であり1%には満たないが、残高がたっぷり残っていたことが大きかった。「予想を上回る削減額の大きさにはビックリしました」(Aさん)。浮いたお金を何に使おうか一瞬考えたが、実際にまとまったキャッシュが入ってくるわけではない。子供もまだ小さいので、将来の支払いが減らせた分は、これから重くなっていく教育費に当てようと思い直したという。
 Aさんが今借りている住宅ローンの固定金利期間は残り7年。そこで次には「今が本当に借り換えの好機なのか、自問自答してみました」。仮にマイナス金利の深掘りで住宅ローン金利が今後さらに下がったとしても、銀行が人手を掛けてまでゼロやマイナスの金利で貸し出すとは考えにくい。また、所得税の住宅ローン控除では年末時点の住宅ローン残高の1%が還付されることから、1%以下の水準で借りられれば損はないだろう。こう心は決まったので、次は行動に移す番だ。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。