ここから本文です

橋本大二郎氏の人生 妻はミック・ジャガーを肉じゃがと誤解

NEWS ポストセブン 9/24(土) 7:00配信

 兄が橋本龍太郎氏(享年68)で、自身もNHK記者から高知県知事へと政治家の道を歩んだ橋本大二郎氏(69才)。現在、情報番組『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系、毎週月~金曜、第1部10時半~12時 ※一部地域をのぞく、第2部12時半~13時45分)のメーンキャスターを務める彼に密着すると、人生のターニングポイントと、愛妻家という一面を持つ素顔を見た。

「ぼくにNGな質問はありませんから――」

 さすが、元NHK記者とあり、「聞きたいことにはなんでも答えますよ」という対応に、こちらが逆に身構えてしまうばかりだ。

 そんな橋本氏は、2014年4月から情報番組『ワイド!スクランブル』のメーンキャスターに就任。24年ぶりのキャスター復帰となり話題を呼んだが、もともとはマスコミ志望ではなかった。

「大学生の頃、最初経済学部にいたんですが、成績のAが非常に少なくて(成績順にA、B、C、Dとつく)。当時、就職の際、学校推薦があったんですが、Aが27個以上ないと金融だとか大手メーカーなどに出してもらえなくて、このままだとまずいと思い、法学部に移って、もう2年間大学生をやったんです」(橋本氏・以下「」内同)

 法学部に移ってからは、いつも遊んでいた経済学部の友人らが社会人として働き始めたため遊び相手がいなくなり、勉強する時間が増え、Aの数が増えた。しかし、橋本氏は一浪で大学に入学したため、就職の年齢制限にひっかかってしまった。そこで、年齢制限がなかったのが、証券会社とマスコミだった。

「当時、まだバブルが来る前ですから証券会社は大きな仕事になると思わなかったんです。そう思ったらマスコミを受けようと。で、これからは新聞よりもテレビだろうということで、NHKを受けたんです」

 こうして入局した橋本氏だが、性分があったのか、福岡放送局を皮切りに、大阪、東京の社会部と渡り歩き、昭和天皇の闘病、崩御と皇室報道で知名度が上がった。

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 7:00

NEWS ポストセブン