ここから本文です

橋爪大三郎氏 日本国憲法はフリーメイソンの理性主義の産物

NEWS ポストセブン 2016/9/24(土) 7:00配信

 社会学者・橋爪大三郎氏は、かねてより「秘密結社」と言われるフリーメイソンに関心を抱いてきた。氏いわく「日本の占領政策にも深く絡んでいるから」。フリーメイソンは、どこかのプロテスタント教会のメンバーが参加するのが原則で、プロテスタントなら、宗派は問わない。橋爪氏が日本での普及について語る。

 * * *
 フリーメイソンは日本では、なかなか広まりません。なぜか。キリスト教(プロテスタント)の人口が少なく、敵であるカトリックの脅威もない。これでは組織を拡大しようがない。

 そもそも秘密結社の考え方は、日本人と合いません。日本には薩長閥、学閥、軍閥、閨閥などがある。企業や政府機関などに伏在する内部グループで、メンバーは公開。任意加入もできない。秘密結社とは別種の非公式集団です。

 天皇制とも折り合いがよくない。神の子孫ゆえに統治者であるという天皇制・国家神道は、フリーメイソンにすれば、英国国教会やカトリックに見える。

 ではフリーメイソンは日本に影響を及ぼさなかったかと言えば、まったくその逆。天皇の権威が崩壊したのを機会に一気に流入した。そう、敗戦です。

 日本の占領は、フリーメイソンに活躍の場を与えた。トルーマンがグランドロッジ・マスター(フリーメイソンのロッジ=拠点を束ねる総本部の代表者)のまま大統領に就任し、マッカーサーもフリーメイソンでした。

 そのネットワークで部下を集めGHQの要所に配した。彼らが中心になって日本の占領政策を立案した。

 日本国憲法はフリーメイソンの理性主義の産物と言ってもよいほどです。

 大日本帝国憲法は、臣民の「権利」は法律の制限を受けるとしていた。人民の権利よりも、天皇の権威が上位にある。これは受け入れがたい。

 そこで日本国憲法では、天皇はただの象徴で、政治的権限を一切持たない。主権は国民に存する。そして人びとは、生まれながらの人間としての権利(人権)を無条件に持つとされた。よって、法律によって人権が制限されたりしない。そういう法律は作れないし、作れば憲法違反。大日本帝国憲法とはまるで違う。

1/2ページ

最終更新:2016/9/24(土) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!