ここから本文です

勝負日にも。気分アガる「姫系」ハンドクリーム

東京ウォーカー 9/24(土) 7:00配信

デートや観劇やお気に入りのカフェなど、とっておきのお出かけの日はファッションやメイクだけでなく、香りのオシャレもしたいもの。でも香水はちょっと苦手で……という人は、香りのいいハンドクリームやボディクリームはいかが? 動くたびにふんわりといい香りが漂ってくると、周りの人だけでなく自分も優雅な気持ちになるものです。

【写真を見る】ハンドクリームwithネイル「シトランボヌール」の香り。ローズとジャスミンが爽やかに香る



そんなシーンにぴったりなのは、9月20日に発売されたフレグランスハンドクリーム「ジュールベルニ フレグランスハンドクリームウィズネイル」。特徴はなんといってもそのラグジュアリーな香り。「フレグランスパック処方」によって香りが長続きし、重ねづけをするとよりふんわり優しく香るのだとか。さらに配合されているパラフィン成分がヴェールとなって潤いと香りを閉じ込め、「トリプルケラチン」で爪先のダメージもケア。香りだけではなく、指先までしっかりと美しさをキープ。

パッケージはパールのアクセサリー付きという凝ったつくりで、人前で取りだしても部屋に飾っても、申し分のない可愛らしさなのも嬉しいポイント。

乾燥するこれからの季節はこまめに重ね塗りするから、人前で取り出したときにチラリとパールアクセが揺れれば、可憐な雰囲気も演出してくれそう。手肌のケアにプラスして「大人カワイイ」瞬間を楽しめる姫系ハンドクリームを使い、ここぞという日の完成度を高めては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/24(土) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。