ここから本文です

留年率が高い大学&学部の特徴 難関大で「6割」も

NEWS ポストセブン 9/24(土) 16:00配信

 読売新聞社の調査によって、全国の大学の「留年率」が明るみになった。意外な学部における意外な留年理由とはなにか。コラムニストのオバタカズユキ氏が分析する。

 * * *
 日本人の中にある“常識”の一つに、「日本の大学は入るのが難しくて出るのは簡単、欧米の大学は入るのが簡単で出るのは難しい」というものがある。欧米の大学が本当にそうなのか、入るのも難しい大学だって結構あるような気もするが、一方の日本の大学は昔も今もそう思われている。

 大学入試さえ突破すれば後は楽勝だ、というイメージ。よっぽどサボらなきゃ、4年で卒業して当然という感覚。『大学図鑑!』という本を18年間も出し続けている私の中にも同じ“常識”があるのだが、実際の大学状況をつぶさに見ると、そんなの昔話だよ、と思う大学生がかなりいると分かる。

 読売新聞が毎年行っている大規模調査をまとめた『大学の実力2017』が、先日、子会社の中央公論新社から出版された。同調査は、全国の大学に調査票を送り、入試の内実から教育体制の詳細までさまざまなデータを明らかにするものだ。今回は調査票を送ったうちの91.4%、682大学から回答を得たとのこと。他にはないデータが多く、その信頼性も高い貴重な調査だ。

 その『大学の実力2017』を眺めていて、ふーむ、と思ったのが、上記の“常識”について。具体的には、大学・学部別に報告されている留年率(入学者数に占める留年者数の率)についてなのだが、「出るのは簡単」にしてはやたら高い数字が一覧表に散見されるのである。

 小さな文字がぎっしり詰まったデータの一覧表から目視で拾ってみると、留年率の高い順にこんな具合となっている(非公表の大学もあるので順位付はやめた)。大学・学部(学科)名のあとに留年率の%の数字を添えた。

〔50%オーバー〕
大阪・外国語67.8、東京外国語・国際社会65.7、東京外国語・言語文化64.5、神戸市外国語・外国語56.4、いわき明星・薬55.1、愛知県立・外国語54.3、金沢・国際(人間社会)52.0、第一薬科・薬51.8、東京神学・神50.0、鶴見・歯50.0

1/4ページ

最終更新:10/14(金) 17:40

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。