ここから本文です

Bリーグ開幕!「バスケットボールで日本を元気に」

東京ウォーカー 9/24(土) 17:50配信

Bリーグ、開幕。9月22日、東京・国立代々木競技場第一体育館で男子プロバスケットボール「Bリーグ」の開幕戦が開催された。開幕戦のカードはアルバルク東京vs琉球ゴールデンキングス。

【写真を見る】9月22日のBリーグ開幕戦は9132人が来場

LEDを駆使した斬新な会場演出やアーティストによるパフォーマンスなど、豪華なオープニングセレモニーを経て、幕を開けた一戦は、アルバルク東京が琉球ゴールデンキングスを80-75で下し、歴史的勝利を挙げた。

「バスケットボールで日本を元気にしたい。その思いを胸に大きな夢と高い志をもって、Bリーグは未来に挑戦していきます。ブレイク・ザ・ボーダー(限界・境界を壊せ)。2016年9月22日、Bリーグの開幕を宣言します」

Bリーグ開幕をこう宣言した大河正明チェアマンは、開幕戦後の記者会見で「川淵(三郎)さんに始まるバスケ界の再生があり、その一区切りがつけられた日。今日、本当の意味でリーグが一つになったことを見せられました。これから各チームが努力を持続して、たくさんのお客様に来ていただいて、日本の皆さんに注目してもらえるプロスポーツにしたい」と抱負を口にした。

そして、大河チェアマンに先立ち記者会見に臨んだ、日本バスケットボール協会の改革を主導する特別チーム(タスクフォース)のチェアマンを務めた川淵氏は開幕戦の点数を聞かれ、「難しい質問だね」と前置きしつつ、「90点をあげてもいい。こういうところでの90点は、かなりの高得点です。ですが、まだまだ完璧ではないので、日本のバスケットの質をさらに上げていくために、みんなで努力していきましょう」という言葉を残した。

日本のバスケットの未来。川淵氏はこの思いを、開幕戦直後のコート上で次のように表現している。

「皆さん、試合を楽しんでいただけましたか? 皆さんで、Bリーグを世界のトップクラスのリーグに育てていってください。将来、世界で一番強いNBAに日本の選手をいつも5人くらい送り込んでいるときがきたら、Bリーグは世界で力のあるリーグになる。そのためにはパワーもエネルギーもいります。皆さん、力を貸してください。アリーナで選手を叱咤激励してください。これからがスタートです。皆さんの厳しい目で、このBリーグの成長を心から見守ってほしいと思います。今日は本当にありがとうございました」

開幕戦を会場で見守ったB.LEAGUE特命広報部長の前園真聖さんに話を聞いた。

「サッカーにはないエンターテインメント性がある。ハーフタイムやクォーターごとの演出、LEDコートの演出など、こういったことはサッカーにはできないことで、ああいうところもバスケの良さだと思います。応援もファンの方が一体になって一緒に盛り上がるところ、こういったところを、バスケットボール、Bリーグの強みとして、これからもどんどん各チームが盛り上がってもらえたらなと思います」

翌23日、Bリーグ開幕戦第2戦はアルバルク東京が琉球ゴールデンキングスを74-53で下し、開幕2連勝を飾った。公式入場者数は前日の9,132人を上回る9,461人。満員の観客に見守られたBリーグの開幕。前園さんは「まずは会場に足を運んでもらえればなと思います。コートと選手たちとの距離が近いところで、バスケットボールを見てもらうと、テレビとは違う盛り上がり方、興奮を感じられると思うので、一度見てもらう、そうするとバスケットボールの良さがより分かってくると思いますし、ぜひ、会場に足を運んでもらいたいなと思います」と話してくれた。

日本に誕生した新たな“おでかけ先”としても、今後のBリーグに注目したい。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】

最終更新:9/24(土) 18:49

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。