ここから本文です

竜星涼、タイプの女性は家庭的な人「できなくても、学ぼうとする姿勢があればいい」

週刊女性PRIME 9/24(土) 5:00配信

 23歳の竜星涼が語る未来の自分は、子煩悩な父親だった。まだ結婚願望は強くないと言うが、今年は友人のおめでたい話を聞く機会が多く、友人の子どもに贈るプレゼントを選ぶのが最近の楽しみなんだとか。

「憧れることはあります。家に帰ったときに誰かがいてくれるっていいなと思いますし、それこそ子どもがいたら可愛いんだろうな。自分もすげー可愛がりそうだな、って」

 そんな彼の最新主演作は、映画『泣き虫ピエロの結婚式』。演じた陽介は女性に対してぶっきらぼう、「泣き虫は嫌いだ」とハッキリした物言いの男性だったけど、竜星は? 

「嫌いっていうか、いや……女性の涙には無条件で勝てないです(笑)。もう最強の武器じゃないですか。泣かれたら何も言えなくなるしケンカもできないから、やっぱり泣き虫じゃないほうがいいですかね……」

 パリコレデビューもしたことのある183cmの彼が、少し困り顔で答える姿は可愛い。女性のタイプは、

「家庭的な人。料理とか、今すぐにはできなくても、学ぼうとする姿勢があればいいです。それが大事です! (笑)。僕は結構ワガママで甘えん坊な部分もあるから、それもわかってついてきてくれる女性がいいなと思います」

 劇中で白のタキシード姿を披露しているが、自分の結婚式でも「女性には、ウエディングドレスを着てほしい」と微笑む。じゃあ最後に、竜星くんと結婚したときの特典を教えてください! 

「と、特典!?  そうですね……脚が長い子どもが生まれるかも? (笑)。僕と同じで身長の高い子どもになる確率は高いはずです!」

 ストレス発散法を聞くと、

「前はスポーツで身体を動かすほうがストレス発散になっていたんですけど、最近は映画を見たり雑誌を読んでまったりする時間のほうが好き。

 でも、一番は買い物です! 海外ブランドの服もネットで毎日チェックします。僕がいいなと思う服は、あまり日本で売られないのでちょっと残念なんですけど……」

<作品情報>
◎映画『泣き虫ピエロの結婚式』
見習いピエロの佳奈美(志田未来)と、病院通いを続ける透析患者の陽介。出会いは最悪だったが、次第に惹かれ合い結婚することに。しかし式の前日、陽介が倒れ――。
9月24日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー。

最終更新:9/24(土) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。