ここから本文です

モウリーニョ監督「いつか彼の顔をぶん殴る」 ベンゲル監督への衝撃発言が暴露本で明らかに

Football ZONE web 9/24(土) 7:40配信

モウリーニョと親交の深いジャーナリストの著書で、非公式に語った言葉が暴露される

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、犬猿の仲とされるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督について「ピッチ外で見つけたら、いつか顔をぶん殴る」という衝撃的な発言を残していたことが、英ジャーナリストの暴露本によって明らかにされた。英紙「デイリー・メール」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 2人は2004-05シーズンにモウリーニョ監督がチェルシーの監督に就任して以降、12年間にも及びそのライバル関係が継続している。これまでに何度も激しい舌戦を繰り広げてきた両者。2014年10月5日に行われたスタンフォード・ブリッジでのチェルシー対アーセナルの一戦では、サイドライン際でベンゲル監督がモウリーニョ監督の胸を突き、口論を繰り広げた。

 モウリーニョ監督と親交の深いジャーナリストのロブ・ビーズリー氏による著書「Up Close and Personal」の中で、モウリーニョ監督がベンゲル監督に対して、非公式に語った言葉の数々が暴露されている。

 “スペシャル・ワン”を自認する名将は、アーセナルでの指揮が21年目を迎えながら、無冠の時期が長く続いたフランス人指揮官の手腕にケチを付け、痛烈に批判している。

「ご存知のように、彼は失敗のスペシャリストだ。8年間も一つのトロフィーもなかった。これは失敗だ。もし私がチェルシーで同じことをしていたら、ロンドンを去って戻って来ることはなかっただろう」

11月19日のリーグ戦第12節で直接対決

 ベンゲル監督は2003-04シーズンに無敗優勝を成し遂げた後にタイトルから遠ざかった。久しぶりに獲得したタイトルは2013-14シーズンのFAカップ。翌年も同タイトルを獲得しているとはいえ、プレミアリーグの頂点には12シーズンにわたって手が届いていない。モウリーニョ監督はその戦績を“失敗”と一刀両断している。

 また、2014年に当時チェルシーを率いたモウリーニョ監督がスペイン代表MFフアン・マタを戦力外としてユナイテッドに放出したことをベンゲル監督が批判すると、「彼(ベンゲル)をフットボールのピッチ外で見つけたら、いつか私は彼の顔面をぶん殴るだろう」と衝撃的な発言を残していたという。やはり、2人はどうしても相容れない関係のようだ。

 今季からモウリーニョ監督がユナイテッドの新監督に就任し、新たな形での再戦が実現する。リーグ戦での直接対決は11月19日の第12節、ユナイテッドがホームでアーセナルを迎え撃つ。対戦を前に新たな火種が生れた両者の直接対決だが、今年はどんなドラマが生まれるのか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 7:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ