ここから本文です

独身生活にひたりすぎて面倒になる前に、恋愛が長続きする極意を学んでおこう

ライフハッカー[日本版] 9/24(土) 19:10配信

シングルライフはいいものです。自立していれば、誰に気兼ねする必要もなく、何でも100%自分の好きなようにできる生活を楽しめます。でも、シングルライフに慣れ過ぎると、運命の人に出会ったときに、相手に合わせるのが難しくなります。

私はずっとシングルだったので、今の婚約者と生活し始めるのはかなりのチャレンジでした。ニキビ用のクリームを塗ったまま、ヨレヨレのパジャマで歩き回ったり、何でも自分のしたいようにやってしまいました。気にしないと彼は言ってくれましたが、私は誰かの前でそうしたいわけではなく、1人のときにそうしていたいのです。彼にも同じような変わった癖がありました。彼の平凡な日常の話が聞きたいのに、彼はそんな話をしたほうがよかったとは思ってもいなかったようです。「ごめん、自分の1日について誰かに話すことには慣れないと思う」と言っていました。

これくらい些細なことなら、理解し合うのは簡単です。しかし、シングルライフから恋人のいる生活に入ると、もう少し面倒で複雑な問題も浮かび上がってくるでしょう。今回は、そうした問題にどう取り組むべきかをご紹介します。

最初に話し合ったほうがいいこと

2人の意見が合うこともあれば、恋愛観が大きく異なることもあります。

あなたは電話で話さなくても大丈夫かもしれませんが、新しい恋人は毎日電話で話したいと思っているかもしれません。あなたは日曜日を1人で過ごしてきたのに、週末は恋人と一緒にどこかに出かけるものだと相手は思っているかもしれません。

このように、相手に何を期待しているかをお互いに話し合うときがきます。「私たち付き合ってるの?」「長いお付き合いのつもりなの?」のような、互いにどう思っているのかを確認する話です。互いに恋愛に何を求めているのか、恋愛に何を持ち込みたいのかを具体的に知りたいと思うようになるのです。たとえば次のようなことです。

・会ったりコミュニケーションしたりする頻度
・嫉妬される可能性がある関係(元カノ・元カレと友だちであれば、相手に伝えたほうがいいでしょう)
・将来に期待しているもの

互いの求めているものを知るだけで、かなりスムーズに恋愛関係を築くことができるでしょう。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ