ここから本文です

ハイライズデニムに盛ってモテ! 最旬トップス5選

集英社ハピプラニュース 9/24(土) 20:00配信

おしゃれな人の最新デニムスタイル、ウエスト位置がグーーーンとアップしていることにお気づきでしたか? そう、今買うべきは、股上深めの「ハイライズデニム」。とくに、ボーイフレンド・バギー・フレアなど、ちょっぴり太めのシルエットがメインストリームです。そんな大ヒット中のハイライズデニムスタイルを今っぽく仕上げるなら、トップスには思い切りトレンド感を持たせるのが正解。そこで、ハイライズデニムに合わせて着るべき最旬トップス5をご紹介します。

この記事の他のコーデをチェック

【オフショルダートップス】やっぱり「肩見せ」はモテに効く!
夏から大ヒット中のオフショルダートップス。ボーダー柄の定番柄こそ、最新オフショルにアップデート。デニムが持っているタフでカジュアルなイメージが、肌の露出をほどよくセーブしてきれいな色気に結びつきます。さらに、ウエストをインすることで腰からヒップまでのラインがきわ立ち、ドキッとするほど色っぽく。

【袖コンボリュームトップス】上品でクラシカルな佇まいの新顔
袖まわりにデザイン性を持たせたボリュームトップスも、この秋の大ヒットアイテム。全体的にやや太めのバギーデニムと合わせた“ゆる&ゆる”バランスに大人の余裕が漂います。ハイライズのウエストへ、フロントの裾だけをタックインし、背面はふんわり感を意識して、緩急をつけた着こなしにすると、女っぽさが加速。

【ゆる感ビッグシャツ】清潔感MAXで、好感度No.1
ボタンを深めに開いたり、襟を抜いたり、袖をロールアップしたり。空気感をはらませながらゆるくラフに羽織る大きめのブルーシャツとブルーデニムの黄金コンビがもたらす究極の清潔感は最強です。コロンとした巾着バッグやバレエシューズ、赤リップなど、小物で「大人の可愛げ」を盛るのをお忘れなく。

【タートルリブニット】70年代のピースフルなムードで一気にあか抜け
既にお手持ちのオフィスミュース(R)も多いかと思いますが、70年代のムード漂うタートルネックのリブニットもこの秋冬のマストハブ。上半身の丸みをきれいに魅せるボディコンシャスなシルエットを利用して、ウエストは必ずデニムに“イン”して、メリハリのあるボディラインを強調して。ハットやバスケットバッグなど、遊びの効いた小物で華やかさをプラス。

【ロングジレ】縦長Iライン効果で全身の旬度&バランスアップ
白Tシャツにデニムの定番コーデも、メンズライクなジレを羽織るだけで、着やせ効果と今っぽさが両方叶う便利なトレンドアイテム。ここでも、高い腰位置を強調するためタックイン&ベルトマークしたり、Tシャツの袖をロールアップするなどの“こなれ小ワザ”を併用し、バランスよく見せると◎。

いかがでしたか? ウエストのくびれやヒップの丸みなど、女性らしいボディラインをさりげなく強調しながら、腰高だから脚長効果も抜群。しかも、ゆとりのある作りで必要以上に体を締め付けることなく、履き心地も◎。いいことづくめのハイライズデニムと、そのおしゃれ感を加速するトレンドトップスで、今すぐ最新モテスタイルにシフトしましょう。また、絶賛発売中のBAILA10月号では、そんなハイライズデニムを大特集。ぜひ合わせてチェックしてみて。

【写真】トップス¥12000/セオリー デニム¥19000/リーバイス(R)ダブルボックス(リーバイス(R) ビンテージ クロージング)

撮影/水野美隆<zecca> ヘア&メイク/EIJI SATO スタイリスト/福田亜矢子 モデル/絵美里

最終更新:9/24(土) 20:00

集英社ハピプラニュース