ここから本文です

リオ五輪決勝カードが再び実現 タカマツペアとデンマークペアが決勝で激突

THE ANSWER 9/24(土) 17:10配信

24日のヨネックスOP準決勝でともに勝ち上がる

 バドミントンの「タカマツペア」こと高橋礼華・松友美佐紀(日本ユニシス)組は24日、「ヨネックスオープン・ジャパン2016」女子ダブルス準決勝で田中志穂・米元小春(北都銀行)組を21-14、21-19のストレートで下して決勝進出を果たした。準決勝のもう1試合ではタカマツペアがリオ五輪決勝で下したデンマークペア(カミラ・リターユヒル/クリスティナ・ペデルセン)が登場し、2-1で勝利。リオ五輪決勝カードが再び実現することになった。

【画像】リオ五輪に出場した日本人美人アスリート

 この日はリオ五輪銀メダルのデンマークペアに対し、中国の双子ペア、ルオ・イン、ルオ・ユー組も世界ランキング7位の力を見せた。立ち上がりから息の合ったコンビネーションで攻勢をかけると、第1ゲームを23-21で先取。しかし、第2ゲームはデンマークペアが恵まれた体格を生かした強打で21-16とタイに戻し、試合は最終ゲームへ。迎えた第3ゲームではデンマークペアが序盤0-3とされたが粘り強く食らいつき、14-14からの3連続ポイントで主導権を握ると、21-17と勝ち切った。

 リオデジャネイロ五輪の同種目決勝ではタカマツペアとデンマークペアが最終第3ゲームまでもつれ込む激闘を繰り広げ、16-19から5連続ポイントを奪ったタカマツペアが金メダルを奪取。一方、銀メダルに終わったデンマークペアもこの一戦により日本での注目度が増し、この日もポイントを奪うごとに会場から歓声が沸き起こっていた。

 25日の決勝は再び接戦となるのか――。五輪決勝カードの再現となった一戦に注目だ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/24(土) 19:22

THE ANSWER

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。