ここから本文です

森山直太朗、義兄・おぎやはぎ小木への怒り表明「女性を紹介してもらったんですけど……」

リアルサウンド 9/24(土) 11:00配信

 バカリズムとマギーが司会を務める音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)の9月23日放送回に、桐谷健太、森山直太朗、EXILE THE SECOND、MUCC、RAMIらが出演した。

 音楽シーンに口コミ(バズ)で広がる、最新の音楽や話題の楽曲を発信していく同番組。番組放送と並行してTwitterと連動、出演者に関するツイートをまとめて表示し“今”バズっている音楽情報を閲覧できるほか、音楽ファンと親和性の高いSNSを情報源にしながら、さまざまな“バズミュージック”を紹介していく。

 まずスタジオトークに登場した桐谷健太は「小さな幸せ座談会」として、「銭湯の湯舟」や「午後一時発、新大阪行き新幹線の車窓」など自身が小さな幸せを感じるシチュエーションを次々に紹介。「50m先から海の声」というシチュエーションについては、桐谷が「公園で日光浴をするのが好きなんです」と前置きしたあと、「あるとき、少し向こうで子供たちが『あの人そう(桐谷)かも!』と騒ぎ出して、<海の声が~>って合唱しだして。その合唱を聴きながら日光浴したあとに『オス! そやで!』って言ったら満面の笑みで喜んでくれた」と、子供とふれあったエピソードを嬉しそうに語った。

 2番手の森山直太朗は、桐谷と対照的なコーナー「小さな怒り座談会」に登場。まずは「『ケツの穴が小さい』という小木さん」と題したエピソードについて、「もう40歳になるんですけど結婚していないので、義理の兄である小木さん(博明・おぎやはぎ)が女性を紹介してくれたんです」と小木から女性を紹介された話へ。ドライブをしながら相手の女性と会話をし、後日小木に「素直で良い子だけど、父親の話がベースだった」と少しファザコン気味だったことを語ると、小木はこれをラジオ番組で「俺がせっかく紹介してやったのに文句言いやがった! あんなケツの穴の小せえ男はいねえ!」と暴露。森山はこのことについて「しかも番組でこの話がスベってて、僕が面白くない人みたいになってた」と愚痴をこぼした。

 続く「『深いですね』という人」については、「アルバムタイトルなどの話をしたとき、『深いですね』とふわっと流されたときの力の入らない感じ。お前の深さの物差しと俺の物差し、全然違うから! お前の見てる深さはかなりの浅瀬だ!」と、取材時に感じた怒りを告白。バカリズムもこれに全力で共感し、スタジオが笑いに包まれた。

 ほかにも、武井俊祐(ヴィンテージ)がロケを行ない、アーティストの魅力を探る「緊急指令! 今すぐ探リズム」では、RAMIの歌声が持つ魅力に迫った今回の放送。次回は星野源、どるせん from TPD、西内まりや、iKON、MOSHIMOなどが出演する予定だ。

向原康太

最終更新:9/24(土) 11:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。