ここから本文です

レスター監督がFW陣の活躍に嬉しい悲鳴 岡崎も2得点を決め「私はとてもハッピーだ」

Football ZONE web 9/24(土) 10:35配信

スリマニ、ムサが加わった前線の充実ぶりに、自信を見せるラニエリ監督

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、チームの選手層の厚さに自信を見せている。20日のリーグカップ3回戦チェルシー戦(2-4)で2得点を決めた日本代表FW岡崎慎司の起用は「正しかった」と、その活躍ぶりを称えた。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 レスターはリーグ前節のバーンリー戦(3-0)で、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの相棒として新加入のアルジェリア代表FWイスラム・スリマニをスタメン起用。プレミアデビュー戦で2ゴールとアピールに成功したストライカーは、同胞のMFリヤド・マフレズも含めた攻撃の三本柱として期待を集めている。

 ラニエリ監督は同紙が「スリムヴァフレズ(Slimvahrez)」と命名した攻撃ユニットについて、チームとしての完成度の重要性に言及した上で、「とてもワクワクしている」と爆発に期待を懸けている。

「とてもワクワクしているが、彼らもまずはチームがあるということを理解しなければいけない。それぞれのエゴの前にチームがある。ジェイミーにとっては3年目のプレミアリーグだ。すべての相手が彼のことをよく知り、スペースを消してくる。しかし、ジェイミーはとても頭がいい。スリマニとリヤド、そして他のチームメートと一緒ならば得点を取り続けてくれると確信している」

 3選手への信頼を口にした指揮官だが、ベンチに座る時間の多くなっている2人のストライカーについても言及している。それぞれUEFAチャンピオンズリーグ(CL)とリーグカップで起用したFWレオナルド・ウジョアと岡崎について、チームに必要な戦力だと強調し、メンバー選考では常に頭を悩ませているという。

マンU相手に公式戦2試合連発となるか

「私はとてもハッピーだ。私がプレッシャーにさらされているなんて言わないでくれよ。なぜなら、ストライカーが点を取れば私はハッピーなんだ。名前は重要じゃない。シンジかレオ・ウジョアをスタンドに残さなければいけない時は、いつも正しかったのかそうでないのかを考えている。ブルージュではウジョアを投入したのが正しかったと思うし、チェルシー戦では岡崎をグラウンドに送り出して正しかったと思っている」

 岡崎はリーグカップのチェルシー戦で、レスター加入以降で初の1試合2得点と結果を残した。スーパーサブとしての起用が多いウジョア、サイドで起用されることもあるFWアーメド・ムサを含め、レスターの前線には多くのオプションが用意されている。指揮官にとっては嬉しい悩みと言えるだろう。

 24日には敵地で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦するレスター。ビッグクラブ相手に公式戦2試合連発の期待が懸かる岡崎に、出番は訪れるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 10:35

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。