ここから本文です

「光る道路」のオランダ人デザイナー、英デザイン界の栄誉を獲得

WIRED.jp 9/24(土) 20:10配信

オランダのデザイナーにしてイノヴェーターのダーン・ローズガールデがこのほど、「Airbnbデザイン・イノヴェイション・メダル」を授与された。

【作品集も】オランダの「光る道路」はこうして生まれた:「未来の景色」を描くデザイナーの頭の中

British Land社とAirbnbがスポンサーを務めるデザイン・イノヴェーション・メダルは、「革新性、独創性、創造性を通じてわたしたちの生活に多大なる変化をもたらしている」デザイナーの功績を称えるものだ。

ローズガールデはインタラクティヴデザインで知られるデザイナーで、自身のデザインの原動力は、ホタルやクラゲなどの「自然からの贈り物」にあると述べている。

ローズガールデは2007年にオランダ・ロッテルダムにスタジオ・ローズガールデを設立。デザイナー、エンジニア、技術者によるチームを率いて「未来の景色」をつくり出している。それらは、スマートで持続可能な未来都市のプロトタイプである。

賞を獲得したローズガールデのプロジェクトには、水の力と上昇する海面を表す「Waterlicht」、日中に充電して夜になると光る持続可能な自動照明道路「スマートハイウェイ」、スモッグを浄化するタワー(世界最大の屋外空気清浄器)「スモッグフリー・プロジェクト」(関連記事)などがある(このプロジェクトは2016年9月、壮大な中国ツアーを開始する予定だ)。最近では、見る角度によって風景が変わる世界最大のレンチキュラープリントの「雲の3D壁画」(関連記事)も話題を集めた。

「ロンドン・デザイン・フェスティヴァル」でのスピーチで、ローズガールデはこう語った。

「わたしにとってのデザインは、日常生活を向上させることであって、新たなランプや椅子をつくり出すことではありません。本日このメダルをいただけたこと、そしてここロンドンで、イノヴェイションの重要性を称賛できることを光栄に思います」

今回の受賞者はさまざまなデザイン分野から選出されている。先日死去したザハ・ハディド、有名なプロダクト・デザイナーのマーク・ニューソン、ロンドン出身のデザイナーのトーマス・ヘザウィック、英国のグラフィック・デザイナーであるピーター・サヴィルなどが名を連ねている。

VICTORIA WOOLLASTON

最終更新:9/24(土) 20:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。