ここから本文です

鈴木冬一、夢の大舞台へ…UAE戦に向けて意気込み「必ず勝ってW杯の出場権を取りたい」

フットボールチャンネル 9/24(土) 7:30配信

 U-16日本代表はAFCU-16選手権インド2016のグループステージのベトナム戦(7-0)、キルギス戦(8-0)、オーストラリア戦(6-0)を3連勝で勝ち進み決勝トーナメント進出を果たした。次の相手は接戦の末に決勝トーナメント進出を果たしたUAE代表。25日の試合を前に鈴木冬一が意気込みを語っている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 まず、グループステージを3連勝で終えた感想については「ほっとしてますけど、他のグループはなかなか接戦で上がってきて、僕たちは大勝で勝ってるので、喜びとちょっと不安が半々な感じです」と語っている。

 1戦目はベンチスタートとなったが、2戦目と3戦目は先発出場を果たしていた。このことに関して鈴木は「1戦目の選手たちが7-0で勝ったので、2戦目はまず結果を残すというところで、残せて、3戦目も2試合連続スタメンだったので、得点っていう形では結果は残せなかったんですけど、アシストっていういい形で結果を残せたんで、そこはよかったと思います」とコメントしている。

 そして、UAE戦に向けては「カウンターが速いチームって聞いてるんで、そこを気を付けながら。ここでUAEが相手になったっていうのも何かあるんだと思う。僕たちはここで負けてはダメだと思うので、しっかり勝ちたいという気持ちです」とし、「絶対に苦しい戦いになるとは思いますけど、1人1人が高い気持ちで、絶対負けないって気持ちでのぞんだら勝てると思うんで、A代表も負けてるんで僕たちは必ず勝ってワールドカップの出場権を取りたいと思います」と語り、試合に向けて気を引き締めている。

 また、W杯の先を見据えている選手が多い中で鈴木は「ワールドカップではスカウトの人がいっぱい来るので、そこでアピールして、世界に名前を刻めたらいいっていう自分の目標があります」と語った。U-17W杯の出場権獲得まで”あと1勝”。ここまで見せた良さを存分に発揮し、UAE戦も勝利で終えたいところだ。

(取材:元川悦子【ゴア】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9/24(土) 8:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。