ここから本文です

本田退団へ加速? ミランが不発のマンU“7番”獲得に向けレンタルでのオファーを準備か

Football ZONE web 9/24(土) 11:26配信

伊メディア報じる 32億円の買い取りオプション付きで今冬の獲得を狙う

 ACミランが1月の移籍市場で、マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FWメンフィス・デパイを、移籍金2800万ユーロ(約32億円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得に乗り出す可能性が浮上している。イタリアサッカー専門メディア「カルチョメルカート・ウェブ」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 22歳のストライカーは昨夏、PSVからユナイテッドに移籍金2500万ポンド(約33億円)で加入した。2014年ブラジル・ワールドカップで3位に輝いたオランダ代表の一員で、2014-15シーズンにエールディビジで得点王に輝いた新鋭は、恩師ルイス・ファン・ハール前監督の下で才能を開花させるかに見えたが、まさかの不発。今季も年下のフランス代表FWアンソニー・マルシアルやイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらとのポジション争いで、完全に後れをとっている。

 昨季はリーグ戦わずか2得点で、今季は無得点。栄光の背番号7を継承した男が、オールド・トラッフォードで期待を裏切るパフォーマンスを続けているが、中国企業グループに身売りしたミランが獲得に動き出しているという。

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の希望で、ミランはデパイをリストアップし、来年1月に移籍金2800万ユーロでの買い取りオプション付きのレンタル獲得オファーを準備しているという。

獲得に成功すれば本田の居場所は…

 デパイはオランダ代表で、年長者であるロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)と口論を演じるなどピッチ外でも物議を醸すが、生粋のサイドアタッカーで抜群のスピードと高いテクニックを誇る。デパイの獲得が実現すれば、モンテッラ監督が愛用する3トップシステムのウイングとして起用される可能性は高い。

 現時点のウインガー枠でベンチ要員となっている日本代表FW本田圭佑は、来年7月に契約満了を迎えるが、その去就はいまだ不透明となっている。チャイナマネーによって今冬の移籍市場でデパイ獲得に成功すれば、「背番号10」のミランからの退団が加速するかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 11:26

Football ZONE web