ここから本文です

夜はコンビニに行ってはいけない? よりよい睡眠を阻害する「悪習慣」とは

ライフハッカー[日本版] 9/24(土) 23:10配信

毎日8時間熟睡し、朝はスッキリ目を覚まし、日中は眠気に悩まされることなくフルスロットルで仕事するーー。そんなライフサイクルを実現できれば理想的ですが、多忙なビジネスパーソンにとってそれは非常に困難なこと。ただでさえ時間がなく、しかもイレギュラーな案件が次々と舞い込んでくる以上、結果を出し続けるためには睡眠の優先順位を下げるしかないからです。

そこで『一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』(裴 英洙著、ダイヤモンド社)の著者は、これまで多くの場で取り上げられてきた方法論とはまったく異なる角度から、「睡眠」と向き合っています。提案しているのは、いまの生活スタイルを変えることなく、極端に睡眠時間を増減させることもなく、効率的かつ効果的に睡眠をとって仕事のパフォーマンスを上げる「攻め」の睡眠メソッド。その重要なポイントは、次の3つだそうです。


1. 「睡眠時間の確保」ではなく「熟睡習慣の獲得」を目指す
2. 1日の始まりを「起床時」ではなく「就寝時」に切り替える
3. イレギュラーな事態でもパフォーマンスを落とさない「対処法」を身につける
(「はじめに」より)”

これらを頭にとどめたうえで、第4章「翌日のパフォーマンスを最大化する夜の習慣」から、「今すぐやめるべき睡眠前の『悪習慣』」を見てみたいと思います。ここでテーマになっているのは、ビジネスパーソンがやってしまいがちな睡眠前の「悪習慣」。


1. 布団の中でのスマホ
2. 寝る前のカフェイン
3. 帰宅中の電車内での「うっかりね」
4. 帰宅直前のコンビニ立ち寄り
5. 夕食のドカ食い
(128ページより)”

この5つは、ビジネスパーソンのなにげない日常にスルッと入り込んでくるため、習慣化してしまうとなかなか抜け出せないというのです。そこで、睡眠に与える悪影響と対応策を紹介しているわけです。

1/3ページ

最終更新:9/24(土) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ