ここから本文です

他人の結婚式で涙が止まらなくなった瞬間TOP5

@DIME 9/24(土) 12:30配信

夏が終わると、いよいよ秋の結婚式シーズンが始まる。街では、結婚式に参列する姿の人たちを多く見かけることだろう。式を挙げるおふたりにとってはもちろんのこと、ご親族や友人、同僚が一堂に会して祝う結婚式は、まさに人生における至福のときといえる。

 参列するすべての人が正装し、華やいだ雰囲気の会場には祝福の言葉と笑顔があふれる結婚式だが、そこに涙もつきもの。新郎新婦やご親族だけでなく、参列者の方の涙も誘うことだろう。結婚式に参列して、思わず涙がこぼれてしまった。涙がとまらなくなって困った。そんな、思わず涙してしまう結婚式のタイミングとは?

 ゲストハウスウエディングを展開するアニヴェルセルが昨年、同社のホームページ上に設置したコンテンツ「アニヴェルセル総研」にて首都圏・関西在住の20歳から36歳の男女1400名(有効回答数1397件)を対象に行なった調査で、予想しない場面で訪れる不意打ち系のタイミングが列席者の涙を誘う絶妙のタイミングであることがわかった。

■予想しない場面で訪れる不意打ち系「涙」のタイミング!?結婚式で涙があふれるタイミング

◎1位「両親への手紙・花束贈呈のとき」
このタイミングは、想像しただけでも涙がこぼれそうになる。5位の「親族代表の謝辞(スピーチ)で」とセットになれば、もう涙は止まらない!1位というのも納得できる。

◎2位「新郎新婦の晴れ姿を見て」
これも説明は不要。晴れやかなおふたりの姿は何よりも雄弁だ。とくに新郎新婦を幼少期から見てきたご親族には、感慨もひとしお。眺めているだけで涙があふれてくることだろう。

◎3位「挙式入場のとき」
式次第でいえば、挙式入場は前半のクライマックス。聖壇前で待つ新郎の元に向かって、エスコートの人と共にバージンロードをゆっくりと歩む新婦の姿は神々しいばかりだ。

◎4位「新郎新婦の小さい頃や思い出のプロフィール写真や映像をみて」
約15%の人が選んだ答えがこれ。たった1枚のなにげないスナップショットでも、写真やビデオはいろんな思い出を引き出してくれる。泣くつもりなどなかったのに、不意打ちのように感情の波が押し寄せてくる…ということだろうか。

◎5位「親族代表の謝辞(スピーチ)で」
これは定番中の定番。ドラマやCMで結婚式の「泣かせる」シーンとしても使用されている。

◎6位「友人・同僚のスピーチや余興で」
こちらも「不意打ち系」か。仲の良い幼なじみだからこそ語れるリアルな思い出やエピソード。新郎新婦にはそんな一面があったのだという、思いがけない「発見」もある。

◎7位「エンディングムービーをみて」
結婚式・披露宴が滞りなく進行した安堵感も手伝うのだろうか。エンディングムービーは、それまで抑えていた感情が一気に解放されるタイミングなのかもしれない。

◎8位「結婚の誓約のとき」
結婚式のメインイベントであるはずの「結婚の誓約」が、思いのほか得票が伸びなかったのは、式の前半に行われるため、涙よりもまだゲストの方の緊張感が優っているからなのだろうか。

■「涙があふれるタイミング」ベスト3
◎1位「両親への手紙・花束贈呈のとき」
このタイミングは、想像しただけでも涙がこぼれそうになる。5位の「親族代表の謝辞(スピーチ)で」とセットになれば、もう涙は止まらない!1位というのも納得できる。

◎2位「新郎新婦の晴れ姿を見て」
これも説明は不要。晴れやかなおふたりの姿は何よりも雄弁だ。とくに新郎新婦を幼少期から見てきたご親族には、感慨もひとしお。眺めているだけで涙があふれてくることだろう。

◎3位「挙式入場のとき」
式次第でいえば、挙式入場は前半のクライマックス。聖壇前で待つ新郎の元に向かって、エスコートの人と共にバージンロードをゆっくりと歩む新婦の姿は神々しいばかりだ。

■結婚式に参列して止まらなくなった涙の理由ランキング

◎1位「ご両親(親族)の感動が伝わってきて」
半数近くの人の得票率。結婚式のとき親御さんには、思わず感情移入してしまうもの。以前に「結婚式は誰のため?」というアンケート調査を行ったときに、「両親のため」という回答が圧倒的に多かったことからもわかるように、新郎新婦の親御さんはいわば結婚式の影の主役だ。

◎2位「いろいろな思い出がよみがえって」
4割以上の人が回答。新郎新婦とのおつきあいが長い方ほど、思い出の数は数えきれないほどあるはず。そのひとつひとつが走馬灯のように蘇って、思わずこみ上げてくるものがあるのだろう。

◎3位「ふたりの幸せが自分のことのように嬉しくて」
◎4位「新郎新婦が幸せに見えて」
3位と4位を合わせると、「幸せ」は、式に参列されているご自身までも巻き込んでいくものだということがわかる。結婚式ほど「幸せ」が伝染しやすい場所はない。

◎5位「ふたりが多くの人に愛されていると思って」から8位「友人に恵まれていると感じて」までの回答からは、自身だけでなく、注がれていた視線が周囲の人たちにまで広がっているように感じる。この日を喜び合える人がこれほど大勢いることに、胸を熱くされるのだ。

■うれし涙と悲しみの涙は同じ味!?結婚式は最高の「涙活」の場

 人はどうして最高に幸せなときに、涙を流すのだろうか。悔し涙や怒りの涙は塩辛い味がして、うれし涙や悲しみの涙は、ほとんど味がしないといわれている。涙を味で分類するのも変な話だが、うれし涙と悲しみの涙は、どうやら同じ種類の涙のようだ。近ごろでは、うれし涙や悲しみの涙などの「情動の涙」がストレス解消につながるとして、積極的に泣くことを奨励する「涙活(るいかつ)」という言葉も登場している。泣くことは、実は精神衛生上、とても大切なことなのかもしれない。

 結婚式で流される涙。泣けるタイミングもその理由も人それぞれだが、その涙はすべて、新郎新婦とご親族の幸せを祝福して流されるものに他ならない。涙をとっておくことはできないが、佳き日の感動は、いつまでも心の中にしまっておけるのだ。

【調査概要】
表題  :「結婚意識」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年3月14日~24日
有効回答:1397サンプルンプル

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/24(土) 12:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

なぜ今? 首相主導の働き方改革