ここから本文です

「シュンスケは“フリーキックの神様”」 輝き続ける中村俊輔を英メディアが称賛

Football ZONE web 9/24(土) 14:35配信

東京V戦で鮮やかな直接FKを叩き込み、英メディアもすぐさま反応

 横浜Fマリノスの元日本代表MF中村俊輔は、約2ケ月ぶりの実戦となった22日の天皇杯3回戦の東京ヴェルディ戦で先制ゴールとなる鮮やかな直接フリーキック(FK)を叩き込むなど、1得点1アシストの活躍で4-0の勝利に貢献した。

“俊輔の左足”がメッシを抜いた! 英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」にランクイン

 今季直接FKで公式戦3ゴールを決めているファンタジスタは、イングランドメディアから「フリーキックの神様」と称賛されている。イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」が報じた。

 中村は2009年にエスパニョールでのプレーを最後に、欧州でのキャリアに幕を引いた。それでも、セルティック時代のリーグ3連覇や欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントに二度出場に貢献し、2006-07シーズンにスコティッシュ・プレミアリーグMVPに輝いた男の評価は、依然として欧州で高いようだ。

 世界的人気サッカーゲーム「FIFA17」(EAスポーツ)で、中村はFK部門において堂々の9位に選出された。レバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノール、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらとともに“世界10傑”入りを果たしたが、記事ではこうレポートされている。

「彼は依然としてフリーキックのゴッドだ」

「そして、セルティックファンはこのリストにお馴染みの名前を目にし、喜ぶだろう。シュンスケ・ナカムラはまだ現役でプレーしているだけではない。彼は依然としてフリーキックのゴッド(神様)なのだ。38歳の元日本代表は現在、横浜F・マリノスでプレーしている。9位に名を連ねた」

 FKの神とイングランドメディアにも称えられた中村の世界10傑入りは、イングランドメディアも歓迎している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 14:35

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。