ここから本文です

「シュンスケは“フリーキックの神様”」 輝き続ける中村俊輔を英メディアが称賛

Football ZONE web 2016/9/24(土) 14:35配信

東京V戦で鮮やかな直接FKを叩き込み、英メディアもすぐさま反応

 横浜Fマリノスの元日本代表MF中村俊輔は、約2ケ月ぶりの実戦となった22日の天皇杯3回戦の東京ヴェルディ戦で先制ゴールとなる鮮やかな直接フリーキック(FK)を叩き込むなど、1得点1アシストの活躍で4-0の勝利に貢献した。

“俊輔の左足”がメッシを抜いた! 英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」にランクイン

 今季直接FKで公式戦3ゴールを決めているファンタジスタは、イングランドメディアから「フリーキックの神様」と称賛されている。イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」が報じた。

 中村は2009年にエスパニョールでのプレーを最後に、欧州でのキャリアに幕を引いた。それでも、セルティック時代のリーグ3連覇や欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメントに二度出場に貢献し、2006-07シーズンにスコティッシュ・プレミアリーグMVPに輝いた男の評価は、依然として欧州で高いようだ。

 世界的人気サッカーゲーム「FIFA17」(EAスポーツ)で、中村はFK部門において堂々の9位に選出された。レバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノール、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらとともに“世界10傑”入りを果たしたが、記事ではこうレポートされている。

「彼は依然としてフリーキックのゴッドだ」

「そして、セルティックファンはこのリストにお馴染みの名前を目にし、喜ぶだろう。シュンスケ・ナカムラはまだ現役でプレーしているだけではない。彼は依然としてフリーキックのゴッド(神様)なのだ。38歳の元日本代表は現在、横浜F・マリノスでプレーしている。9位に名を連ねた」

 FKの神とイングランドメディアにも称えられた中村の世界10傑入りは、イングランドメディアも歓迎している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2016/9/24(土) 14:35

Football ZONE web