ここから本文です

ルーニーがマンU不振で高まる自身の“不要論”に憤怒 「バカげた批判には聞く耳を持たない」

Football ZONE web 9/24(土) 16:15配信

静かな口調に怒りをにじませた主将 「酷い1週間だった」

 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニーは今季精彩を欠くパフォーマンスを続け、メディアとサポーターから大きな批判を浴びている。「ルーニーを外せ」の大合唱が巻き起こるなか、キャプテンは「自分への批判はバカげている」と反論に出ている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

「思うに、キャリアの間でずっと批判を受けてきた。最近は少し増えているけれどね、これがフットボールの世界。コーチ、チームメート、周囲の人間の言葉には耳を傾けるけれど、多くの人々が話しているバカげたことには全く聞く耳を持たない」

 クラブの公式番組「MUTV」に登場したルーニーは、白いTシャツというラフな姿でバッシングへの反論に出た。静かな口調のなかに、怒りを込めるようだった。

 18日のワトフォードに1-3で敗れた試合では、「戦犯」と名指しで批判された。1対1で一度も仕掛けず、シュート1本、タックル1回、前方へのパスは1試合でわずか6本でユナイテッドの足枷になったと、地元メディアからは「完全なるホラー」と酷評されていた。

「これがフットボールの世界だ」

 21日のリーグカップ3回戦で3部ノーサンプトンに3-1と勝利を収めた際も決定機を外し、メディアからの批判は高まっていた。パフォーマンスの上がらない自身に向けられた批判に、ルーニーは「バカげている」と言い切った。

「これがフットボールの世界だ。3試合勝てなければ、もちろんみんな批判してくる。酷い1週間だった。8日間で3試合も負けたのだから。我々はこの状況に正確に反応して、乗り越えることが大事だ」

 ジョゼ・モウリーニョ監督とともに批判を集めるルーニーは、憤然と逆襲を誓っていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 16:15

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。