ここから本文です

モウリーニョ決断! 不振のマンU主将ルーニーがレスター戦で今季初の先発落ち

Football ZONE web 9/24(土) 19:56配信

前節で「戦犯」と酷評された“10番”が、王者との一戦で屈辱を味わう

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ついに不調のキャプテンをスターティングイレブンから外した。プレミアリーグ第6節レスター・シティ戦の先発メンバー11人が発表され、主将のイングランド代表FWウェイン・ルーニーが初のベンチスタートとなった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ユナイテッドのスタメンはGKデ・ヘア、DFラインは右からバレンシア、バイリー、スモーリング、ブリント。ボランチコンビはポグバとエレーラになった。今季開幕から不動の存在だった長身MFフェライニもスタメン落ちとなった。

 アタッカー陣は18歳の新星ラッシュフォードとリンガードという左右のウイングに、トップ下はマタ。1トップにイブラヒモビッチが入ると見られる。

 ルーニーは18日の前節ワトフォードに1-3で敗れた試合では、「戦犯」と名指しで批判された。1対1で一度も仕掛けず、シュート1本、タックル1回、前方へのパスは1試合でわずか6本と、ユナイテッド攻撃陣の足枷になっていたと地元メディアから酷評されていた。

レスター岡崎も2戦連続のベンチスタート

 21日のリーグカップ3回戦で3部ノーサンプトンに3-1と勝利を収めた際も決定機を外し、メディアからの批判は高まっていた。パフォーマンスの上がらない自身に向けられた批判に、ルーニーは「バカげている」と言い切った。しかし、モウリーニョ監督もついに決断。今季1得点ながら不動だったキャプテンをベンチスタートとした。

 一方、リーグカップでチェルシー相手に2得点を決め、先発復帰も予想されたレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司はリーグ戦では2試合連続のベンチスタートとなった。

 両チームの先発メンバーは以下の通り。

■マンチェスター・ユナイテッド
GK
デ・ヘア
DF
バレンシア
バイリー
スモーリング
ブリント
MF
エレーラ
ポグバ
リンガード
マタ
ラッシュフォード
FW
イブラヒモビッチ

■レスター・シティ
GK
ツィーラー
DF
シンプソン
モーガン
フート
フクス
MF
マフレズ
アマーティ
ドリンクウォーター
オルブライトン
FW
ヴァーディ
スリマニ

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/24(土) 20:20

Football ZONE web