ここから本文です

ドルト香川、序列低下か。温存ではない先発落ち、出場機会激減が意味するもの

フットボールチャンネル 9/24(土) 13:55配信

23日のリーグ戦、またも香川真司の出番はなかった。ドルトムントは3-1とホームでフライブルクを下したが、トゥヘル監督は香川を選択せず。序列が低下していることは十分考えられる。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

新星モル、カストロ、ゲッツェ先発も香川は……

 立ち位置は不透明だ。2016年9月23日のブンデスリーガ第5節、ボルシア・ドルトムントはホームでSCフライブルクと戦った。

 フライブルク戦を、ドルトムントは[4-1-4-1]でスタートする。
 【GK】ビュルキ
 【DF】右SBピシュチェク、右CBソクラティス、左CBギンター、左SBシュメルツァー
 【MF】ボランチにバイグル、右SHモル、左SHデンベレ、右インサイドハーフにカストロ、左インサイドハーフにゲッツェ
 【FW】オーバメヤン
 香川真司はベンチスタートである。

 監督トーマス・トゥヘルは前節のヴォルフスブルク戦から、さほどメンバーをいじらなかった。左CBに負傷のバルトラに代わってギンターが入ったことを除けば、右SHにプリシッチに代わり“トルコのメッシ”ことエムレ・モル、左インサイドハーフにゲレイロに代わってカストロが入ったぐらいである。27日のCLレアル・マドリー戦に向け、大幅にメンバーを落とすことはしなかった。

 昨季は4月にEL準々決勝2ndレグのリバプール戦に向け、直前のシャルケ戦で露骨に先発を入れ替えている。しかし結局は敵地でリバプールに劇的な逆転を許した。その経験がトゥヘルの脳裏に焼き付いているのかもしれない。もちろんまだシーズンは序盤なので、各選手に疲労は蓄積されていない。レアル戦はグループリーグなので、必勝を期す必要はないとも言える。

 いずれせよフライブルク戦でドルトムントは、連勝で培ったチームのリズムとバランスを大きく崩すことはなかった。

 フライブルク戦では、モルとデンベレのドルブルが相手に脅威を与えた。特にモルは、与えられたチャンスの中で最大限のアピールをしようと必死で、ドリブルから積極的にシュートを放つ。23分にフェイントを入れてブルトを交わし、放ったミドルシュートはクロスバーを叩いた。

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 14:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。