ここから本文です

U-16森山監督、W杯へ一戦必勝誓う「とにかく持っているものを全て出す」

フットボールチャンネル 9/24(土) 19:41配信

 U-16日本代表の森山佳郎監督は24日、U-16アジア選手権の準々決勝UAE戦に迎えた前日記者会見に臨んだ。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 グループステージを全勝で突破し、21得点無失点という成績を残したU-16日本代表だが、森山監督は「予選グループとは全く違う、本当にワールドカップ出場権を賭けて戦う厳しいゲームだと思うので、とにかく持っているものを全て出すと、それだけに集中したい」と気を引き締める。

 準々決勝の対戦相手UAEに勝利すれば来年のU-17W杯出場権を獲得できるため、ただの決勝トーナメントの1試合では済まない重圧がある。「本当に勝負強いし、タフなグループを無敗で勝ち抜けてきたチームなので、それは簡単に勝てない。本当にタフな試合になる」と、対戦国への警戒も最高レベルだ。

 一方で、ここまでメンバーを入れ替えながらもしっかりと結果を残してきたチームには手応えを感じている。森山監督は「特に2戦目、3戦目は前半のかなり苦しい時間帯をしのいで、苦しい時にもチーム全体で耐えることができた。得点力は元々あるチームなので、守備の面でも崩れなかったというところは大きい」とチームの成長を分析した。

「若い選手が段階的に世界、W杯を経験するというのは非常に大きな意義があるし、W杯という舞台は選手が大きく成長する機会でもあるので、そういう機会を逃したくないという気持ちは強い」

 世界の舞台に立つまであと勝利1つまで迫っている。日本代表は2年前の前回大会出場を逃しており、そういった意味でも森山監督が日本の将来を背負う若武者たちをW杯へ連れていきたいという思いは強い。プレッシャーを跳ね除け、勝利をつかんだ先に世界の扉が待っている。

(取材:元川悦子【ゴア】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9/24(土) 19:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。