ここから本文です

中田氏元所属のパルマ、破産に追い込んだクラブ元会長と元幹部の処分が決定

フットボールチャンネル 9/24(土) 20:00配信

 イタリアサッカー連盟(FIGC)裁判所は、かつて元日本代表の中田英寿氏が所属していた現在イタリア3部のパルマを破産に追い込んだトンマーゾ・ギラルディ元会長とピエトロ・レオナルディ元CEOに対して処分を科した。23日に伊メディア『スポルト・メディアセット』が報じている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 パルマは昨年6月に債務不履行によって破産を発表し、法人上はクラブが消滅した。そして後継クラブとして新たにパルマ・カルチョ1913が発足。イタリア4部のセリエDから再スタートを切ったクラブは現在イタリア3部に所属している。

 FIGC裁判所は、パルマの破産の責任を問われていたギラルディ元会長とレオナルディ元CEOに対して5年間の資格停止処分及び15万ユーロ(約1700万円)の罰金を宣告。両名には、昨年の3月14日にもすでに4ヶ月間の資格停止処分が下されている。さらにレオナルディ元CEOに対しては、FIGCに関わるあらゆる活動禁止処分も科された。

 この処分を受けて、レオナルディ氏は昨年の10月21日から就任していたセリエBのラティーナ・カルチョのゼネラルディレクター職を辞任。一方、昨年2月にクラブを買収して会長に就任するも、3月19日に破産を申請したジャンピエトロ・マネンティ氏には無罪が言い渡されている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/24(土) 20:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。