ここから本文です

酒井宏樹所属のマルセイユ、監督交代へ? 仏誌は元代表監督らを候補に

フットボールチャンネル 9/24(土) 20:50配信

 日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは、成績不振により監督交代に踏み切ることになるかもしれない。23日付の仏誌『フランス・フットボール』は、新監督候補として5人の名前を挙げている。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 現在マルセイユを率いるフランク・パッシ監督は、昨シーズン途中にアシスタントコーチから暫定監督となり、そのまま監督に昇格。だが今季はリーグアン開幕から6試合でわずか1勝しか挙げられず、15位に低迷している。

 マルセイユは先日、MLB(メジャーリーグベースボール)のロサンゼルス・ドジャースの元オーナーである米国人実業家フランク・マッコート氏への身売りが決まった。「再びクラブをチャンピオンにする」と野心を見せる同氏は、チーム再建に向けて新たな指揮官を迎え入れることを検討しているかもしれない。

『フランス・フットボール』は、パッシ監督が「(シーズン末の)6月まで残る可能性は低い」とした上で、5人の新監督候補を挙げた。フランス代表やパリ・サンジェルマンの元監督で、現役時代にマルセイユでプレーしたローラン・ブラン氏、ローマ前監督のルディ・ガルシア氏、ビジャレアル前監督のマルセリーノ・ガルシア・トラル氏、元ベティス監督のペペ・メル氏、ゼニト・サンクトペテルブルク前監督のアンドレ・ヴィラス=ボアス氏という顔ぶれだ。

 今季ハノーファーからマルセイユに加入した酒井は定位置を確保し、リーグ開幕から6試合連続で先発出場している。監督交代となれば、起用法への影響も気にかかるところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/24(土) 20:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。