ここから本文です

FB、アップルが悩む「メッセージのスパム問題」 新興国で大きな課題に

Forbes JAPAN 9/24(土) 8:00配信

メッセージングサービスをアプリストアと同じぐらい利益を生むプラットフォームにすべく、アップルが新たな動きを始動した。iOS 10で利用可能なアプリ「メッセージ」がサードパーティーの開発者に公開され、ステッカーや絵文字、チャット内で利用できる旅行検索エンジンKayakや出前サービス DoorDash、乗換案内のCitymapperなどのアプリもダウンロードできるようになった。



フェイスブックの「メッセンジャー」にはアプリストアはないが、チャットボットを利用した顧客とコミュニケーションがある。フェイスブックやアップルは中国で大人気のWeChatの成功に習おうとしている。チャットアプリWeChatには配車サービスや食料品や航空券を購入できるサービスも存在し、ウェブへの入り口のような存在となっている。

だがフェイスブックとアップルが直面する問題の1つが、新興国でチャットアプリ上のスパムが横行する中、新サービスの長所をいかにアピールするかということだ。

チャットアプリ利用者の4分の1以上とSMS利用者の28%以上が毎日スパムを受け取っている。そのおよそ3分の1が、リンクをクリックさせてウィルスに感染させるフィッシングメッセージだ。

この調査はデバイスメーカーや電話会社などが加盟するモバイル業界団体Mobile Ecosystem Forum(MEF)が実施し、9か国の6,000人を対象に行われた。MEFによると、フィッシング詐欺による企業やユーザーの損失額は年間20億ドル(約2,035億円)だが、そのうち6億8,000万ドル(約692億円)がSMS上のフィッシング詐欺だという。

スパムは欧米のユーザーにとっては単に煩わしいだけのものだが、ブラジルや中国、南アフリカ、ナイジェリアなどの新興国では深刻な問題だ。ナイジェリア人でこれまで一度もスパムを受け取ったことがない人は全体のわずか6%にとどまる。

1/2ページ

最終更新:9/24(土) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。