ここから本文です

【J1展望】大宮×鳥栖|上り調子の大宮。リーグ戦連敗の鳥栖を叩いて目標達成なるか

SOCCER DIGEST Web 9/24(土) 11:23配信

大宮――主力ふたりが出場停止。代役の活躍が求められる。

J1リーグ・2ndステージ13節
大宮アルディージャ – サガン鳥栖
9月25日(日)/17:00/NACK5スタジアム大宮
 
大宮アルディージャ
2ndステージ成績(12節終了時):9位 勝点20 5勝5分2敗 15得点・12失点
年間成績(29試合終了時):7位 勝点46 12勝10分7敗 32得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●今節は横谷、河本とセンターラインのふたりが出場停止。
●22日に行なわれた天皇杯3回戦の磐田戦ではターンオーバーを採用。
●代役と目される大山と横山は天皇杯で好パフォーマンスを披露。
 
【担当記者の視点】
 前節・川崎戦は3-2で劇的な逆転勝利を収めた。その代償として、今節は絶対的レギュラーの河本と横谷が累積警告で出場停止に。今季、ここまで成し遂げられていない3連勝達成には、彼らの不在をいかにカバーできるかが焦点となる。
 
 22日に行なわれた天皇杯3回戦の磐田戦(○5-0)は、そのシミュレーションの場となった。ボランチには大山と岩上が入り、CBには横山、後半からは高山が出場。圧勝に終わった試合で個々のパフォーマンスを精査し、鳥栖対策を踏まえてメンバーが決定する見通しだ。
 
 今季の大宮が定めた目標勝点は『48』。現在の勝点は46(すでにJ1でのクラブ最高勝点45を超えた)で、到達まであと1勝と迫った。今季初の3連勝、そして目標達成を果たして、さらなる飛躍につなげたい。

宇佐美貴史がアウクスブルクでベンチ生活を抜け出す鍵は?

鳥栖――2トップに加え、指揮官も不在。チームの総合力が試される。

J1リーグ・2ndステージ13節
大宮アルディージャ – サガン鳥栖
9月25日(日)/17:00/NACK5スタジアム大宮
 
サガン鳥栖
2ndステージ成績(12節終了時):7位 勝点21 6勝3分3敗 17得点・14失点
年間成績(29試合終了時):11位 勝点38 10勝8分11敗 27得点・29失点
 
【最新チーム事情】
●天皇杯3回戦・C大阪戦は2-0で勝利。
●今節は、豊田、ムスタファ・エル・カビルの2トップが出場停止。
●前節、審判への抗議で退席処分となったフィッカデンティ監督も、今節はベンチ入り停止。
 
【担当記者の視点】
 9月22日に行なわれた天皇杯・3回戦のC大阪戦から中2日で今節を迎える。「天皇杯も大事な試合で突破したかった」と話したフィッカデンティ監督は、リーグ戦とほとんど同じメンバーを起用。選手たちは、強行日程に疲労の色を隠せない。
 
 また今節は豊田とムスタファ・エル・カビルの2トップが揃って出場停止。先発が予想される早坂と富山の働きに大きな期待がかかる。
 
 さらに前節・広島戦での審判への抗議により、フィッカデンティ監督もベンチ入りが認められない。
 
 第1ステージは0-1で敗れた大宮が相手だが、ステージ優勝へ望みをつなぐために負けられない。今節は苦しいチーム状況のなか、総合力が試される。

最終更新:9/24(土) 11:23

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ