ここから本文です

【J1展望】川崎×横浜|タイトルへ両者負けられない一戦。川崎は大久保不在をカバーできるか

SOCCER DIGEST Web 9/24(土) 13:40配信

川崎――大久保、E・ネットの穴をいかに埋めるか。

J1リーグ・2ndステージ13節
川崎フロンターレ ― 横浜F・マリノス
9月25日(日)/19:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
2ndステージ成績(12節終了時):3位 勝点25 8勝1分3敗 27得点・16失点
年間成績(29試合終了時):1位 勝点63 19勝6分4敗 60得点・31失点
 
【最新チーム事情】
●天皇杯からは中2日の日程だが、上手く選手を回してベストな状態で臨めそう。
●狩野が先発出場すると、第1ステージ3節以来に。
●チョン・ソンリョンは負傷により欠場濃厚。リーグ戦では初となる。
●天皇杯で戦列に復帰した奈良、小宮山はストイックに課題に取り組む。
 
【担当記者の視点】
 前節の大宮戦は終了間際の逆転負けを喫したうえに、大久保が一発退場、E・ネットが通算3枚目のイエローカードで今節は主軸ふたりが出場停止。彼らの穴をどう埋めるかがカギとなる。
 
 スタメンは小林を最前線に置いた3-4-3になると予想。2シャドーには三好と狩野が起用される見込みで、ボランチは中村、大島のコンビとなりそうだ。守備陣ではチョン・ソンリョンが負傷離脱となる一方で、奈良、小宮山が先日の天皇杯3回戦から戦列に復帰したのは心強い。
 
 千葉を延長の末に4-1と下した天皇杯から中2日の日程となるが、選手のやりくりは上手くできている。コンディションに不安なく、ベストな状態で臨めそうだ。
 

久保建英のすべて<4>――「将来はイニエスタのような選手に」

横浜――相手の配給源をいかに潰せるかが勝負。

J1リーグ・2ndステージ13節
川崎フロンターレ ― 横浜F・マリノス
9月25日(日)/19:00/等々力陸上競技場
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(12節終了時):4位 勝点23 6勝5分1敗 21得点・11失点
年間成績(29試合終了時):8位 勝点45 12勝9分8敗 42得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●天皇杯3回戦・東京V戦で復帰して直接FKも決めた中村は、同じ試合で左膝を負傷。先発は微妙な情勢。
●同じく東京V戦で復帰した齋藤は、その試合でキレのある動きを見せた。川崎戦でも攻撃の軸となる。
●システムは4-1-4-1を継続するか。4-2-3-1に戻す可能性もありそう。
●勝てば順位が入れ替わる試合で、選手たちのモチベーションは高い。
 
【担当記者の視点】
 目下、公式戦5連勝中と波に乗っている。復帰したばかりの中村俊の負傷(左膝)は気がかりだが、現在のチームには、不動の司令塔に頼り切らなくても、安定した強さを発揮できるようになってきた。
 
 川崎対策としては、中盤のパスワークをいかに寸断できるか。大島や中村憲といった配給源を確実に潰し、前線の選手を下げさせるような状況に追いやり、リーグ屈指の攻撃力を半減させたい。
 
 そのうえで、齋藤とマルティノスのスピードを生かしたサイドアタックでカウンターを仕掛ける形が理想的だ。

最終更新:9/24(土) 18:14

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。