ここから本文です

『トーマス・ルフ展』:現代の写真表現を探求し続けた写真家の回顧展

ローリングストーン日本版 9/24(土) 10:00配信

圧倒的なスケールでルフの偉業と対峙する日本初の回顧展。

現代社会におけるメディアの在り方と対峙し、写真表現を牽引してきたドイツ人写真家、トーマス・ルフ。いち早くNASAの衛星写真、ネットに流出するポルノ画像や9.11のイメージなどを用い、その視座は時代性に富んでいる。一方で、巨大に引き伸ばした無表情なポートレート、ドイツ写真の系譜を発展させたタイポロジー的な建築写真、伝統技法フォトグラムをデジタル技術によって試みるなど、写真というメディアにも真摯に向かい合ってきた。本展では新聞社のプレス写真アーカイヴから着想した最新作「press++」が世界初公開となる。研ぎ澄まされたコンセプトと職人的な技術を併せ持つルフ。



大きく引き伸ばされた圧倒的な写真作品は、私たちに見ているイメージとは何かを問いかける。
30年以上のキャリアを俯瞰することでその偉業を一望できる、日本では初となる本格的な回顧展。

『トーマス・ルフ展』
会期:2016年8月30日(火)—11月13日(日)
※月曜休館。ただし9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)、10月11日(火)は休館。
東京国立近代美術館
開館時間:午前10時—午後5時 毎週金曜日は午後8時まで。
※入館は閉館の30分前まで
ハローダイヤル 03-5777-8600
http://thomasruff.jp/

Nao Amino

最終更新:9/24(土) 10:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。