ここから本文です

初代カローラの反省!2代目カローラに最初から用意されていたものは?【Corolla Stories 10/50】

clicccar 9/24(土) 18:14配信

画期的なフロアシフト「のみ」の設定だった1966年登場の初代カローラ。2代目カローラではデビュー当初からコラムシフトが設定されていました。これは途中からコラムシフトを設定した初代カローラからの反省でしょう。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



しかし、初代が3速だったのに対して、2代目では4速化されました。カタログではフロアシフトの2速ATのトヨグライドとともに紹介されています。



スタンダードとデラックスのみに設定されていることから、セダンだけというよりはライトバンを含め、営業車需要を意識していたというの感じでした。

初代でも2代目でも、結局のところはフロアシフトがメインではあったようですが、押さえとしてコラムシフトの設定も用意していたようです。

トヨタを支えるベストセラーになるべく、当時からユーザーのニーズにはきめ細かに答えていた証といえるでしょう。

しかしながら、日本仕様では3代目以降はコラムシフトの設定はなくなりました。時代のニーズがここから垣間見るることができますね。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

最終更新:9/24(土) 18:14

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。